イラつくトランプ。北の裏で糸引く中国にようやく気づいた米国

kitano20180829
 

先日、国際原子力機関は「北朝鮮は非核化に向けて一切動いていない」という旨の報告書を公開しましたが、なぜ金正恩は対応を先送りし続けることが可能なのでしょうか。無料メルマガ『ロシア政治経済ジャーナル』の著者で国際関係ジャーナリストの北野幸伯さんがその裏側を探ります。

北朝鮮は、核活動を停止していない!(IAEA))

6月の米朝首脳会談以降、北朝鮮が暴れることはなくなりました。しかし、「やはり」というべきか、核活動は停止してないようです。

北朝鮮、核活動停止の兆候なし IAEA報告

8/21(火)22:07配信

 

【AFP=時事】国際原子力機関(IAEA)は21日、北朝鮮が非核化に合意した後も、核活動停止のいかなる兆候も見せていないとする報告書を公表した。IAEAは報告書の中で、「北朝鮮は核計画を継続、進展させており、北朝鮮による関連の声明は深刻な懸念を引き起こしている」と指摘した。

北朝鮮が非核化に合意した後も、核活動停止のいかなる兆候も見せていない」そうです。

IAEAは、原子力の平和利用を促進し、一方で軍事利用を制限するために作られた国際機関。IAEAの発表には権威があります。懐疑的な人は、「IAEAは、アメリカの意向に沿った報告をしているのではないか?」と思うかもしれません。

IAEAは、北朝鮮を批判する一方で、イランについては、「核合意を守っている」としています。つまり、「イラン核合意からの離脱」を宣言したトランプ・アメリカに反対している。ですから、私はIAEAの報告は信憑性があると思います。

印刷する

人気のオススメ記事

  • PR 誰も教えてくれない自分の「可能性」、それAIが2分で教えます。
    誰も教えてくれない自分の「可能性」、それAIが2分で教えます。
    (株式会社J.Score)
  • イラつくトランプ。北の裏で糸引く中国にようやく気づいた米国
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい