「WEBマーケティングさえ完璧なら」という企業が陥る落とし穴

shutterstock_579035593
 

ネット販売の勢いが加速するなか、SEO対策などに代表される「WEBマーケティング」に関心を示す経営者の方も多いのではないでしょうか。無料メルマガ『がんばれスポーツショップ。業績向上、100のツボ!』の著者・梅本泰則さんは、そんなWEBマーケティングの技術や得られる成果を紹介した上で、「大事なのは中身である」と力説しています。

■WEBマーケティングに振り回されない

ネットショップZOZOタウンの2017年の商品販売高は2,705億円になりました。この3年間で約3倍と、すごい伸び率です。また、楽天の商品取扱高は約3.4兆円とのこと。これも毎年伸びています。そして、アマゾンにいたっては、日本での売上は1兆円を超え、米国ではインターネット販売市場の47%のシェアに達しているそうです。

このように、ネット販売の勢いはものすごいものがあります。ですから、多くの企業、店舗がホームページやネットショップに力を入れるのは当然でしょう。

しかし、ネットは新しい世界です。従来とは違った知識や手法が必要となります。そこで、「WEBマーケティング」を得意にする人たちの登場です。彼らは、ホームページにお客様を吸い寄せたり、ネットショップで売上を上げる方法を伝授してくれます。その方法の一端を見てみましょう。

まず最初に「SEO対策」を勧めてきます。誰かが検索をしたとき、自社のホームページアドレスを上位に表示させる手法です。上位に表示されれば、ホームページを見てくれる確率が高くなります。とはいえ、ホームページの作り方がまずければ逆効果ですのでデザインの変更を勧められることもあるでしょう。

次は「アクセス解析」です。グーグルアナリティクスなどのソフトを使って自社のどのページがよく見られているかを分析します。ページごとの滞在時間や、どの曜日のどの時間帯に見られているかということも時系列のグラフで分かるので便利です。その結果、見られているページをさらに強化するか、見られていないページを変更するといった検討がされます。

その次は「リスティング広告」です。

print

  • 「WEBマーケティングさえ完璧なら」という企業が陥る落とし穴
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け