台湾の映画賞さえ台無しにする、中国・習政権の「言論弾圧」

kou20181121
 

習近平国家主席の独裁体制の影響は、海外の文化行事にまで及んでいるようです。「一切の政治色の排除」を謳う台湾の歴史ある映画賞が、中国当局に「忖度」する中国人映画関係者により台無しにされてしまったとするのは、台湾出身の評論家・黄文雄さん。黄さんは自身のメルマガ『黄文雄の「日本人に教えたい本当の歴史、中国・韓国の真実」』で、事の経緯とその後の台湾国内の反応を紹介するとともに、中国の俳優たちが立たされている「同情すべき立場」についても言及しています。

※ 本記事は有料メルマガ『黄文雄の「日本人に教えたい本当の歴史、中国・韓国の真実」』2018年11月20日号の一部抜粋です。ご興味をお持ちの方はぜひこの機会にバックナンバー含め初月無料のお試し購読をどうぞ。

プロフィール:黄文雄(こう・ぶんゆう)
1938年、台湾生まれ。1964年来日。早稲田大学商学部卒業、明治大学大学院修士課程修了。『中国の没落』(台湾・前衛出版社)が大反響を呼び、評論家活動へ。著書に17万部のベストセラーとなった『日本人はなぜ中国人、韓国人とこれほどまで違うのか』(徳間書店)など多数。

【中国・台湾】台湾の映画賞まで台無しにする「習近平の言論弾圧」

“台湾のアカデミー賞”金馬奨、「1つの中国」政治色でピリピリムードに、中国映画のパーティーも急きょ中止─台湾

今年も台湾のアカデミー賞「金馬奨」が発表されました。「金馬奨」は、1962年に創設された、中華圏を代表する映画賞の1つ。中国語映画なら国籍を問わず評価の対象にするという、本来、政治色を一切排除して映画という枠組み内の芸術だけを評価する賞なのです。

毎年、人気スターがレッドカーペットを歩く様子が大々的に報道され、非常に注目度の高い賞です。日本のみなさんも、結果を楽しみにしていらっしゃった方は多いのではないでしょうか。

今年の主な受賞結果については以下の報道を参照してください。

谷垣健治が台湾の金馬奨で最優秀アクション監督賞を受賞

日本人も頑張っています。上記にあるように、岩井俊二監督は惜しくも受賞を逃しましたが、谷垣健治氏はアクション監督賞を見事に受賞しました。

映画賞は華やかで、それぞれの作品が公平に評価され、その中でも素晴らしいものを選ぶからこそ、受賞者の喜びもひとしおなのです。それは、純粋に映画という枠内での芸術を公平に評価されなければなりません。

しかし、習近平の皇帝ぶりで中国人たちは委縮しています。その影響で、この華やかな映画祭が台無しになってしまったことは非常に残念です。

きっかけは、「我們的青春、在台湾」で最優秀ドキュメンタリー作品賞を受賞した女性監督フー・ユー(傅楡)が、受賞スピーチで「われわれの国家が真の独立した個体としてみなされることを願う」と発言したことでした。

これを受けて、主演女優賞のプレゼンターを務めた中国の俳優トゥー・メン(ト=さんずいに余 們)が「再び『中国台湾』金馬奨に来られたことを光栄に思う」「両岸が一つの家族であることを感じた」と述べたのです。この応酬を受けて、その後の映画祭は急遽政治色の濃いものとなってしまい、誰もが委縮して登壇や発言を避け打ち上げパーティーも相次いで中止となり、中国映画の打ち上げパーティーには台湾の報道陣は締め出されるという展開となったのです。

さらに、この後すぐ中国共産党機関紙・人民日報のウェイボー(微博)公式アカウントは、「中国、一点都不能少(中国少しも欠けてはならない)」のスローガンをすぐさま投稿。この日の授賞式に出席した中国出身の俳優フー・ゴー(胡歌)やドン・チャオ、女優のジョウ・シュン(周迅)やスン・リー(孫儷)らも、いち早くこのメッセージをシェアするという顛末となりました。

“台湾のアカデミー賞”金馬奨、「1つの中国」政治色でピリピリムードに、中国映画のパーティーも急きょ中止―台湾

印刷する

人気のオススメ記事

  • 台湾の映画賞さえ台無しにする、中国・習政権の「言論弾圧」
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい