中国人が「春節」で落としたカネに群がる、日本人の悲惨な末路

 

こうした人々が、中国国内で道徳的民主的普遍的な見方をする人々が声を上げるようになり、だんだんと中国政府とは違う風を中国内に吹かせることができたら、中国政府もいつまでもそれを抑え込むことはできなくなる、という考え方もあります。

これだけ国境が低くなり、人々が世界を知ってしまったら、いくら監視カメラやAIなどを駆使して監視社会をつくっても、彼らの声を抑え込むことはできず、政府のほうが国民に動かされていくようになる。そういうことを期待する向きもあります。

たしかにそのようになれば、素晴らしいことです。ただ、これまで欧米諸国も、中国に資本主義が根付いて人々が豊かになれば、民主化が広がると期待していました。ところが実際には、中国が豊かになることで共産党独裁が強まり中国は覇権主義をむき出しにしてきました

豊かになった中国人は自国を変えるのではなく、共産党と結びついてさらなる利権を貪るか、あるいは海外へ逃亡するか、その2つに1つで、中国を変えようという勢力にはなりえませんでした

旧正月の「春節」は、中国人大移動の季節です。出稼ぎの人々が帰省するため、交通機関は人々の群れで押し合いへし合いとなり、死者がでることもあります。しかし、「春節」が過ぎると、すべてのことが一変します。それが中国の風物詩です。

国内外の観光地に中国人がどっと押し寄せるのは、この「春節」だけです。そして、疾風怒濤のように押し寄せた中国人が去った後は、ゴミの山だけが残ります

中国人観光客の話になると、最近ではマナー違反が注目されていますが、そもそも中国人観光客が押しよせる国が決まるのは国の意向次第です。「春節」の旅行先は、極めて政治色が強く反映されるのです。台湾に対しても、民進党に所属する人物が市長になった地域には中国人観光客は行ってはいけないと中国政府が指示したこともありました。

台湾ではある中国業者が、中国人観光客のホテル、バス、買い物に至るまですべてを独占して扱うシステムがあります。しかし、中国というのは本当に先が見えない国です。日本のアパホテルが標的にされて、一時、客足が激減したこともありました。少しでも気に入らないことがあると、全員がそれに従って引き上げるのです。

ゼロか全部かのどちらかなのです。日本も中国人観光客目当てにすり寄ってばかりいて「捕らぬ狸の皮算用」をしていると、いつか痛い目を見るかもしれません。

image by:  icosha / Shutterstock.com

※ 本記事は有料メルマガ『黄文雄の「日本人に教えたい本当の歴史、中国・韓国の真実」』2019年2月5日号の一部抜粋です。初月無料の定期購読のほか、1ヶ月単位でバックナンバーをご購入いただけます(1ヶ月分:税込648円)。

こちらも必読! 月単位で購入できるバックナンバー

※ 初月無料の定期購読手続きを完了後、各月バックナンバーをお求めください。

2019年1月配信分

  • 武帝時代に広がった貧富の格差(1/1)
  • 文在寅政権と対決することは必然だった日本/「一国二制度」を台湾が受け入れられない理由(1/8)
  • 中国が世界一の科学国となることは人類の不幸/「日本語世代」が減少しても台湾人の日本好きは変わらない(1/16)
  • GDP成長率低迷、動揺から強気に振る舞う中国(1/22)
  • 中国は歴史的に「人質外交」の国/台湾政界の風雲児「フレディ・リム」の描く台湾の未来(1/29)

2019年1月のバックナンバーを購入する

2018年12月配信分

  • 中南米で行われている米中の代理戦争(12/5)
  • 欧米で進む中国企業排除、アリペイと組むpaypayは本当に大丈夫か/スポーツですら侵略主義をむき出しにする中国(12/11)
  • 世界の分断が進む中で中国の独善が明らかになった1年/統一地方選挙から読む2020年の台湾とアジア情勢(12/18)
  • レーダー照射は「ムクゲの花を咲かせたい」韓国の野心を表している(12/25)
  • 【年末特別号】中国の嘘がばれた2018年(12/30)

2018年12月のバックナンバーを購入する

2018年11月配信分

  • アジア各国の社会問題をあぶり出す映画プロジェクトに期待(11/6)
  • 実より脳内ファンタジーが優先される韓国の反日の異常/台湾の選挙に介入する中国の実態(11/14)
  • もっともルールを守らない中国がルール遵守を叫ぶ矛盾/台湾の映画賞まで台無しにする「習近平の言論弾圧」(11/21)
  • 台湾統一地方選挙は国民党が勝利したのか(11/28)

2018年11月のバックナンバーを購入する

2018年10月配信分

  • 中華社会とジェンダー問題/日本で歪められる台湾のニュース(10/31)
  • なぜ中国は民主主義が永遠に不可能なのか(10/23)
  • 偽英雄である李舜臣の旗を掲げて日本を侮辱する韓国の愚/「国交を超える日台の絆を探る旅」を終えて(10/16)
  • 後出しの理由づけでゴネるのが中華の本質/中韓によるノーベル平和賞の政治利用に注意せよ(10/10)
  • ハイリスク金融の破綻続々の中国、ついに景気悪化報道も規制/世界最大の自転車メーカーがつなぐ日台の絆(10/3)

2018年10月のバックナンバーを購入する

2018年9月配信分

  • 欧州はようやく中国の異常性に気づき始めた/台湾人外交官を死に追い込んだ中国のフェイクニュースの実態(9/25)
  • 建国70周年を迎える中国は米中貿易戦争に絶対勝てない/すべてが政治の中国に、娯楽作品は無理(9/18)
  • 日台の厳しい出版事情を相互交流で乗り切れ(9/12)
  • メディアの教育を日本政府に要求するが、人民の教育もできない中国(9/4)

2018年9月のバックナンバーを購入する

2018年8月配信分

  • 「台湾製」表記を許さない中国でも避ける「中国製」/絶望的な中国の学生デモの現状(8/28)
  • 中国の妨害に屈せず「日本精神」で通じ合う台湾とパラオ/歴史的に監視大国だった中国が監視カメラとAIで行き着く先(8/21)
  • 終戦記念日を迎え、戦後73年の日台関係を考える(8/15)
  • 【終戦記念日にあわせてメルマガ発行日変更のお知らせ】(8/14)
  • 水不足の中国が金門島に送水する政治的思惑(8/7)

2018年8月のバックナンバーを購入する

2018年7月配信分

  • 国際大会を中国に阻止され、ますます強化された日台の絆(7/31)
  • 日台の絆を悪用して台湾人になりすます中国人/アフリカしか相手にしなくなった一帯一路(7/24)
  • ついに中国で反・習近平の狼煙が上がった/中国に対して「Think different」できないアップル(7/17)
  • 台湾で環境保護運動が進む本当の意味/マナー無視の中国人が自らを窮地に追い込む(7/10)
  • なぜ中国人は他人の不幸を喜ぶ民族なのか/米台接近に日本も加わるときが来(7/3)

2018年7月のバックナンバーを購入する

2018年6月配信分

  • 李登輝氏が沖縄で「為国作見證」を示した理由/日本人から「日本精神」が消える日(6/26)
  • 大阪地震への支援表明した台湾が目指す華僑支配からの脱却/もう韓国との付き合いを完全に変えるべき時だ(6/19)
  • 米朝首脳会談後、台湾を巡る米中激突が本格化する/日本時代の建物を残したいという台湾人の思い(6/12)
  • 天安門事件を直視できない中国に未来はない/アップルマンゴーの父が残した日本の作物技術(6/7)

2018年6月のバックナンバーを購入する

※ 本記事は有料メルマガ『黄文雄の「日本人に教えたい本当の歴史、中国・韓国の真実」』2019年1月29日号の一部抜粋です。

黄文雄この著者の記事一覧

台湾出身の評論家・黄文雄が、歪められた日本の歴史を正し、中国・韓国・台湾などアジアの最新情報を解説。歴史を見る目が変われば、いま日本周辺で何が起きているかがわかる!

有料メルマガ好評配信中

  無料サンプルはこちらから  

この記事が気に入ったら
登録!しよう
『 黄文雄の「日本人に教えたい本当の歴史、中国・韓国の真実」 』

【著者】 黄文雄 【月額】 初月無料!月額648円(税込) 【発行周期】 毎週 火曜日 発行予定

印刷する

文中に紹介されている価格については、掲載日時点のものとなります。実際の価格は購入先ページでご確認ください。

人気のオススメ記事

  • PR ねぇアタシって何点?知っておきたい、自分の将来の「可能性」
    ねぇアタシって何点?知っておきたい、自分の将来の「可能性」
    (株式会社J.Score)
  • 中国人が「春節」で落としたカネに群がる、日本人の悲惨な末路
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい