ついに「ダウ平均」銘柄からも除外。米GEが抱え続ける負の遺産

shutterstock_793209802
 

エジソンが創業し、世界の製造業の雄とみなされていたアメリカのゼネラル・エレクトリック(GE)が苦境に陥っています。なぜGEはここまで追い詰められてしまったのでしょうか。ジャーナリストで数々のメディアでも活躍中の嶌信彦さんが、自身の無料メルマガ『ジャーナリスト嶌信彦「時代を読む」』でその理由を探っています。

GEとGAFA

世界の製造業の雄とみなされていた米ゼネラル・エレクトリックGEの凋落が目立っている。エジソンが創業し、長年にわたりアメリカの電機、重電、重工業の見本とされてきたGEは2000年代に入ってから不振が続き、18年には唯一残存していたダウ工業銘柄株30種からも遂に除外されてしまった。

GEはこれまでも何度か苦境に陥ったことがあった。1980年代にはジャック・ウェルチ氏がトップになり金融業で甦るという離れ技を行なって世界を驚かせた。しかし、ウェルチ氏が去り08年のリーマンショックで巨額の赤字を出してからは、負の遺産処理に追われ続けた。09年にメディア大手NBCユニバーサルを売却。一時は救世主となったGEキャピタルも15年に大部分を売却し、16年には家電事業を中国のハイアールに譲渡した。

さらに主力の電力事業で生産設備を3割削減し、15%にあたる1万人のリストラを実施。また、ヘルスケア事業の分離や石油大手の売却にも追い込まれた。

この間、上場以来トリプルAだったS&PのレーティングはAA+から18年には遂にBBB+まで下落。かつてのGEの栄光を知る人々にとっては信じられない低落振りで、負債総額は1,100億ドル、年間約30億ドルの金利払いという状況にまで業績が悪化した。結局、中心的な7つの事業のうち電力と航空機エンジン、再生可能エネルギーを残すだけになってしまった。売上高は最盛期の半分以下に落ち込む結果となっている。

印刷する

人気のオススメ記事

  • ついに「ダウ平均」銘柄からも除外。米GEが抱え続ける負の遺産
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい