【書評】敏腕医師が、絶対かかりたくない医者「5つのタイプ」

 

患者が望むコミュニケーションの4要素というのがあって、支援的な環境悪い知らせの伝えかた付加的な情報安心感と情緒的サポートをいう。これはAIよりも人間のほうが優れているが、ここをおざなりにするコミュニケーション能力が低い医者がいる。「良い医者」とはいえず、AIにも適合できない。

筆者による「かかりたくない医者」の5タイプとは、話を聞かない医者話を遮る医者白衣がヨレヨレな医者看護師や若手医師に異常に高圧的な医者、「わからないと言えない医者。こんな医者は医者である自分から見てもイヤだ、そう書く真意は「私も気づいたらそうなっているかも、気をつけよう」という自戒だ。

筆者は大腸がんの専門なので、「がんを告知されたときにすべき3つの質問」を教示する。

  1. そのがんの治療に慣れているか、1年で何人くらい担当しているか
  2. どんな予定で検査や治療を進めるか
  3. 私・家族にできることは何か

1.なんて聞きにくいが、がんの治療は命を左右するから、遠慮なく聞くべきだ。また「わからないと言えない医者は信用できないという。こういう質問をするシーンが来ませんように……。

編集長 柴田忠男

image by: Shutterstock.com

日刊デジタルクリエイターズこの著者の記事一覧

デジタルメディアで活躍する現役クリエイターたちのコラムで構成されている本格派。総発行部数約16000! 真のクリエイターを目指している方からデジタルに関わる方まで、すべてに向けて発行中!

無料メルマガ好評配信中

この記事が気に入ったら
登録!しよう
『 クリエイターへ【日刊デジタルクリエイターズ】 』

【著者】 日刊デジタルクリエイターズ 【発行周期】 ほぼ日刊

印刷する

人気のオススメ記事

  • PR ねぇアタシって何点?知っておきたい、自分の将来の「可能性」
    ねぇアタシって何点?知っておきたい、自分の将来の「可能性」
    (株式会社J.Score)
  • 【書評】敏腕医師が、絶対かかりたくない医者「5つのタイプ」
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい