「数字のために野球をするのか」。イチローが超一流である証拠

shutterstock_1110230
 

上司から評価されたり、給料が増えたりといった外的な影響によってのみ、「モチベーション」は維持されるものなのでしょうか。今回の無料メルマガ『致知出版社の「人間力メルマガ」』では、侍ジャパン元監督の小久保裕紀さんが体験したイチローとの忘れがたい思い出を紹介し、モチベーションを高めるために大切なのは「内発力」だと論じています。

イチローへの質問と答え

侍ジャパンの監督を務めた小久保裕紀さん。若き日のイチローさんに、「モチベーションが下がったことないの?と聞いたことがあったそうです。さて、イチローさんは、一体どんな答えを返したのでしょうか?

特集「内発力」

プロフェッショナル100人の流儀』(致知出版社)という本がある。各界一流のプロの珠玉のような言葉が紹介されている。この100人に共通しているのは内発力の強さである。

例えば、人間国宝の講談師一龍斎貞水さんの言葉。

教えてくれなきゃできないって言ってる人間には、教えたってできない。

そして、こうつけ加える。

僕はたまに「貞水さんはあまり後輩にものを教えませんね」って言われるけど、僕らは教えるんじゃなくて伝える役。

 

伝えるということは、それを受け取ろう、自分の身に先人の技を刻み込もうとするから伝わっていく。

銀座の鮨屋「すきやばし次郎の主人小野二郎さんも言う。

教えてもらったことは忘れる。自分が盗んだものは忘れない。

内発力のないところにいかなる成長もないことを二人の先達の言葉は教えている。

最後に、侍ジャパンの監督を務めた小久保裕紀さんがイチローについて忘れられない思い出があると「毎日新聞」に書いていた。

小久保さんはプロ2年目に本塁打王を獲得。だが天狗になり、翌シーズンは散々。一方イチローは3年連続の首位打者へ驀進中。

その年のオールスターゲーム、外野を二人でランニング中に彼に聞いた。

 

「モチベーションが下がったことないの?」。

 

するとイチローは私の目を見つめながら

 

「小久保さんは数字を残すために野球やっているんですか?」

 

と言った。

 

「僕は心の中に磨き上げたい石がある。それを野球を通じて輝かしたい」。

 

自分はなんと恥ずかしい質問をしたのかと、顔が赤くなった。

 

彼の一言で「野球を通じて人間力を磨く」というキーワードを得た。

内発力で生きている人間の真骨頂をこのイチローの言葉に見る。

image by: Alan C. Heison / Shutterstock.com

致知出版社この著者の記事一覧

京セラ・稲盛和夫氏、サッカー日本代表・岡田武史氏など、人間力を高める月刊誌『致知(ちち)』に登場した各界一流人の名言や仕事術など、あなたの「人間力アップ」に役立つ情報を配信中。

無料メルマガ好評配信中

この記事が気に入ったら
登録!しよう
『 致知出版社の「人間力メルマガ」 』

【著者】 致知出版社 【発行周期】 日刊

印刷する

人気のオススメ記事

  • PR 儲からない、続かない…はもう卒業。タイプを活かして副業成功へ
    儲からない、続かない…はもう卒業。タイプを活かして副業成功へ
    (副業アカデミー)
  • 「数字のために野球をするのか」。イチローが超一流である証拠
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい