『ドラゴン桜』指南役が伝授、激動の世もめげない子を育てる極意

shutterstock_613503665
 

世の中は絶えず変化しています。今まであったものがなくなることも、なかったものが登場することも─。こんな時代をわたしたち、そして次の世代である子供たちはどう生き抜いていけばいいのか。今回の無料メルマガ『親力で決まる子供の将来』では、著者で漫画『ドラゴン桜』の指南役としても知られる親野智可等さんがその4つの極意を紹介しています。

激動の時代をどう生きる? 情報をインプットしつつ、自分の価値観で生きることが大事

世の中の変化はめまぐるしい。今までもそうだったが、これからはもっと加速度的にそうなる。今まであったものがなくなり、なかったものが登場する。あった仕事がなくなり、まったく新しい仕事が生まれる。正しいとされていたことが×になり、×だったことが○になる。価値のあったものが無価値になり、見下されていたものが仰ぎ見られるようになる。人々の価値観も多様化するし、世代間ギャップも大きくなる

こういう時代にあって私たちはどう生きるべきか?次の4つを挙げたい。

1 センサーを敏感にして常に新しい情報をインプットする
2 よさそうなことは試しにチャレンジしてみる
3 やってみてよければ続ける。自分に合わないなら無理に続けない
4 1.2.3.4.をしながらも、常に自分の価値観で生きる。自分が楽しめることに注力する。好き・得意を伸ばす

1.について。これがないと、古い情報や間違った知識にとらわれて生きることになる。健康情報も、ビジネス情報も、生活の知恵も、常にアップデイトが必要だ。

2.について。これがないと、自分の埋もれている可能性が花開かない

3.について。これがないと、自分に合わないことをいつまでも続けて、時間とエネルギーのムダづかいになる。子どもの習い事も同じだ。

4.について。これがないと、常に他人の価値観や世間の流行に従って生きることになる。

偏差値が高いからという理由で医者になろうとするとか。みんなが読んでいるからという理由でベストセラーばかり読むとか。受験がブームだから受験するとか、させるとか。いい大学を出たから国家公務員になるとか。

印刷する

人気のオススメ記事

  • PR ねぇアタシって何点?知っておきたい、自分の将来の「可能性」
    ねぇアタシって何点?知っておきたい、自分の将来の「可能性」
    (株式会社J.Score)
  • 『ドラゴン桜』指南役が伝授、激動の世もめげない子を育てる極意
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい