【書評】20世紀の100年間で日本だけが成し遂げた世界的偉業

 

日米がなぜ戦うことになったのか、人種問題を抜きにしては答えが出ないのだが、東京裁判はそれを捨象している。パリ講和会議で日本は人種差別の撤廃を主張し、最終的に採決を要求した。その結果、日本提案にフランス、イタリアなど賛成11、アメリカ、イギリスなど反対5だったが、議長ウィルソンアメリカ全会一致でないと提案は不成立だと強引に押し切った

人種平等規約の提案は20世紀の世界史における日本の金星である。日本人は憶えておかなければいけない。アメリカで「公民権法」成立が1964年、国連で「人種差別撤廃条約」が成立するのが1965年。日本の提案を否決してから45年であった。日本人はもともと人種意識や差別意識が薄い。「国家として奴隷制度を持ったことがないのは日本とユダヤだけだ」と山本七平が書いた。

  1. 白人は略奪主義だった
  2. キリスト教はそれを正当化する道具にされた
  3. 略奪主義の400年間にどんなことが行われたか

この3点を書き切るだけで、世界の人がイメージしている「世界史」とはまったく違ったものができあがるだろう。日本人は人種に対するこだわりが少なく宗教による縛りもない。客観的で相互批判の可能な世界史を提供できるのは日本だけだ。

著者は、世界が「日本化」する理由を15挙げている。いささか強引である。それが「理由」といえるのか。本文の要点を抜き出しただけではないのか。ずいぶん安易な構成だと思う。たぶん編集者の思いつきで15の理由をひねり出したのであろう。タイトルで「絶対」と名乗るのも好ましくない。とは思うが、スルスル読めて「納得」はできる本だ。

編集長 柴田忠男

image by: Shutterstock.com

日刊デジタルクリエイターズこの著者の記事一覧

デジタルメディアで活躍する現役クリエイターたちのコラムで構成されている本格派。総発行部数約16000! 真のクリエイターを目指している方からデジタルに関わる方まで、すべてに向けて発行中!

無料メルマガ好評配信中

この記事が気に入ったら登録!しよう 『 クリエイターへ【日刊デジタルクリエイターズ】 』

【著者】 日刊デジタルクリエイターズ 【発行周期】 ほぼ日刊

print

  • 【書評】20世紀の100年間で日本だけが成し遂げた世界的偉業
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け