【書評】20世紀の100年間で日本だけが成し遂げた世界的偉業

0508_creter
 

20世紀が世界人類にとってどんな時代だったのかを語る上で欠かせないのが「人類平等の理念が定着したこと」であり、それは日本が成し遂げたものであると主張する一冊の本が話題となっています。今回の無料メルマガ『クリエイターへ【日刊デジタルクリエイターズ】』では編集長の柴田忠男さんが、その内容をレビューしています。

偏屈BOOK案内:『絶対、世界が「日本化」する15の理由』

71-HZge1otL絶対、世界が「日本化」する15の理由
日下公人 著/PHP研究所

20世紀の100年間は世界人類にとってどんな時代だったのか。著者がどうしてもこれしか思いつかなかったというのは、第一に「白人絶対の時代が終わって人種平等の理念が国際社会にいちおう定着したこと」である。第二は、「それを日本がほとんど単独でなしとげた」ことである。日本とともに蹶起するような有色人種の国は、アジアだけでなく世界中のどこにもなかったからだ。

白人列強に伍する日本の国力を祝福、賛同を表明する他の有色人種の国はなく、またそれを笑顔で迎えた白人の国もなかった。前者からは嫉妬を買い後者からは不快感と敵意を浴びせられた。大東亜戦争には「人種平等の実現」を目指した世界史的意味と事実があった。しかし戦勝国による東京裁判は、日本人の記憶からそれを消去するため、侵略国として断罪し、自己正当化を図った。

この100年のパワーゲームの主役は日本であった。中国もロシアもイギリスも日本と戦ったことで衰運に傾いた。ロシアは日露戦争に敗れて帝国を失い、ソビエト連邦として第二次大戦では勝者側についたが、中立条約違反、侵略による領土獲得という道徳的敗北を喫し、その後日本が同盟国として支えたアメリカとの経済戦争でも破れて連邦は解体し、ロシア連邦が成立した。

大陸では中華民国が毛沢東の共産党に破れて台湾に逃げた。イギリスは日本を敵に回したため、全アジアの植民地を失った。第二次大戦の勝者であるアメリカは、人類初の原爆使用で道徳的な疵を負った。大東亜戦争は不滅と思われた白人の世界支配というパラダイムを打破した。それを矮小化するために、彼らは東京裁判で日本を野蛮な侵略国家と烙印を押し今も言い続けている

印刷する

人気のオススメ記事

  • PR ねぇアタシって何点?知っておきたい、自分の将来の「可能性」
    ねぇアタシって何点?知っておきたい、自分の将来の「可能性」
    (株式会社J.Score)
  • 【書評】20世紀の100年間で日本だけが成し遂げた世界的偉業
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい