だから不幸のままなのだ。幸せになれない人の「3つの特徴」とは

shutterstock_1085692145
 

自分の話し方、意識したことがありますか?大きな声でハキハキと話す人、小さな声でぼそぼそと話す人など、話し方にもさまざまな個性があります。今回の無料メルマガ『サラリーマンで年収1000万円を目指せ。』では著者の佐藤しょ~おんさんが、話し方からわかる「成功する人と不幸になる人の違い」や、人生を良い方向に変えるための話し方のポイントなどを紹介しています。

エネルギー量を高める

私はそろそろ50代も中盤に差し掛かっておりまして、日頃は健康にあれこれと悩まされることが多くなりました。ほとんど持病とも言える腰痛やら緑内障、ちょっと身体を動かしたら関節やら筋肉に痛みが出るのは当たり前で、特に野良仕事は痛みの源泉みたいな感じになっています。

なんてことを頻繁にここで書いているので、初めてセミナーに来られる方は、私のことをかなりのオッサン、場合によっては年寄りに近いお爺さんみたいな人間だと思っている人がたくさんいるんですよね。ところが実際の私はフツーに見てかなり若い感じがするみたいで、2次会などでは、

  • スゴく若い感じがする
  • なんでそんなに派手な格好を…
  • ってかメチャメチャオシャレ
  • 年齢不詳な感じですね

と言われることがしばしばです。

おまけに8時間以上も立ちっぱなし喋りっぱなしで、さらにはそこから3時間の飲み会まで喋りまくっているわけですから、これのどこが50代なんだよ、という感想を持つ人がたくさんいるみたいです。

これをひとことで言うと、「エネルギッシュ」というんですね。

身体が小さくて、背も低くて、白髪混じりのショボいオッサンが、演台に立った途端、受講生全員が惹きつけられるようなエネルギーを発して、それが8時間以上(2次会を入れると約12時間)途切れないわけです。

先日も大阪では、

  • メチャメチャエネルギーありますね~
  • パワーのレベルがありえへん
  • 会社の上司の方が若いのにあっちの方がオッサンだ

って言われたんですけど、これ全部エネルギー量の問題ですから。そしてこのエネルギー量こそがあなたの人生を思いのままにする力の源泉なんですよ。

能力とかヤル気とかスキルとかの前に、これが一定量無い人は出世しませんし他者を引っ張れませんし願望は叶いにくいんですから。私はセミナーの2次会で色々な人とご飯を食べながら話をするんですが、5分話をしただけで、

 ■ ああこの人は当分人生が変わらないだろうな

と感じる人がいます。それはほとんどの場合、

  • 声が小さい
  • 視線が虚ろ
  • 語尾が不明瞭

な人なんですよ。それは最初の乾杯の音頭で分かるんです。私が、「は~い、乾杯! 」って言った時に、乾杯の声が私に届かないような人はたいていダメです。本人は「乾杯」って言ってるんですが、エネルギーが少ないから声が小さくて私には聞こえないのよ。

で、そういう人は、質問をする時でも声が小さくて聞こえないの。だから私は、

 ■ 声が小さくて何を言ってるんだか分かりません

と指摘するんですが、それでもボリュームが1割くらいしか大きくならないんですよね。

印刷する

人気のオススメ記事

  • だから不幸のままなのだ。幸せになれない人の「3つの特徴」とは
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい