「五輪優先」のツケ?感染者急増で都と周辺県の往来自粛を要請へ

2020.03.26
196
by MAG2NEWS編集部 NK
20200320corona01
 

安倍首相と加藤厚生労働大臣は、新型コロナウイルスの感染者が東京都内で急増していることを踏まえて会談し、特措法に基づく「政府対策本部」を設置する方針を決定するとNHKニュースなどが伝えた。政府対策本部設置後は「緊急事態宣言」を出すことが可能になり、仮に発出された場合、国民の生活が制限される異例の事態となる。

オーバーシュートの懸念高まる

東京都内で25日に確認された新型コロナウイルスの感染者数は41人にものぼり、1日に発表する感染者の数として最多となった。41人のうち13人は感染経路が不明だという。これを受けて東京都の小池百合子都知事は25日夜に緊急の記者会見を開き、「今週になりオーバーシュートの懸念がさらに高まっている」と明かした。また、4月12日までは平日は可能な限りテレワークを行ない、夜間の外出を控えるよう呼びかけ、今週末の不要不急の外出も自粛するよう要請した。

首都圏で自粛要請

埼玉県の大野元裕知事は、今週末の外出自粛を要請する方向で調整していると明かした。大野知事は「首都圏は人の往来が多く、近県も足並みをそろえる必要がある」と小池都知事に提案し、小池都知事も同調。東京都や埼玉県と同様に、神奈川県や千葉県、山梨県、群馬県、栃木県も今週末の外出自粛を要請することにしているという。



print
  • PR 我が家のマンション、今どれくらい? 不動産のプロがオンラインで無料査定
    我が家のマンション、今どれくらい? 不動産のプロがオンラインで無料査定
    (PR:株式会社ウェイブダッシュ)

  • 「五輪優先」のツケ?感染者急増で都と周辺県の往来自粛を要請へ
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け