飲食コンサルが「マスクの下は笑顔です」POPに違和感を抱く訳

shutterstock_1756327118
 

新型コロナウイルス予防のためマスクの着用がスタンダードとなった今、さまざまなお店で「マスクの下は笑顔です」というポップが見られるようになりました。しかしこのポップに「違和感を抱く」というのは、飲食店コンサルタントの中西敏弘さん。中西さんは自身の無料メルマガ『飲食店経営塾』で今回、そもそも「目」だけでも十分笑顔をつくることが可能として、その訓練法を紹介しています。

「マスクの下は笑顔です!」には、ちょっと違和感があります!

最近は、コロナの影響でマスク生活が当たり前になり、飲食店のスタッフもマスク姿が普通になりました。これからもっともっと熱くなる季節。マスクの生活は本当大変ですよね!

そこで最近気になっているのが、スタッフの「笑顔」です!

「マスクの下は笑顔です」というPOPを掲示している店も多く(目的は、マスク姿で接客する事のお詫び?、あまり表情がでていないことを許してもらう?)、マスクだから笑顔でなくても仕方がない、マスクだから表情が豊かでなくても仕方ない、なんていう空気感が飲食店にあるのではないかと思っています。

でも、実はこのPOP。以前から僕はすごく違和感がありました。

笑顔のつくり方のポイントというのは、ご存知の方も多いと思いますが、「目と口」が笑顔作りのポイントです。

昔、キャビンアテンダントの方の研修に参加したことがあるのですが、「目の表情」の大切さを教わりました。「目」で“喜怒哀楽を表現できる”というのです。実際に、口を隠して目だけで表情を作る練習をしたりしました。それだけ、目というのは、笑顔作りのポイントだということをこの時非常に痛感しました。

つまり、「目」だけでも十分笑顔をつくることが可能ということがこの時わかったのです(もちろん、最善の笑顔は、目と口が笑っていることですが…)。

それ以来、笑顔作りにおいての目の大切さや目で表情を作る練習を接客研修等で実施してきました。そのため、上述した「マスクの下は笑顔です」というのは、僕は非常に違和感があるのです。

そんなことを考えていた先日、実際に、笑顔トレーニングをあるご支援先で実際に実施してきました。

“目の大切さ”を訴えた後、お互いの表情をスマホで取り合い、自分の笑顔を客観的に観察し、自分たちでマスクをしたままでも、お客様からみたら「笑顔」に見えるようにするためのポイントは何なのかをグループで話し合ってから、そのあとは、ひたすら練習してもらいました。

すると、多くのスタッフが最初より表情が豊かになり、とても印象が良くなったのです。また、今回新たに分かったことは、マスクをしたままでも笑顔を作るには、「自分が思っている以上に目尻をさげたり、マスクの下の口の口角をいつも以上にあげる」ということでした。

「笑顔」で仕事ができるとお客様への印象が良くなるほか、店の雰囲気も格段に良くなります。もちろん、「笑顔」の重要性を理解されている方は多いと思います。ただ、どうやってスタッフに「笑顔」で仕事ができるようにすればよいか、と悩んでいる経営者さん、店長さんも多いかと思います。

僕は、「笑顔つくり」のポイントは、まず、「笑顔」の状態を自分自身で知る事だと思います。そのために、今回紹介したスマホで動画を取り合って自分の表情を確認したり、二人一組になってお互いに表情のチェックをするという方法が効果的でしょう。

やっぱり、「笑顔」であるかどうかは、自分自身が一番分からないものです。なので、この2つのトレーニングはとても効果的!また、毎日「笑顔」のトレーニングを行って、無意識レベルで笑顔が作れるようになるまで継続して行うことも重要でしょう!

あとは、普段、どんなときも笑顔で仕事をするというのは、とても大変です。ついつい、忙しくなると笑顔を忘れがちになりますよね?なので、そんなときは、チームで同士で指摘?しあうといいと思います。指摘というと、相手をチェックしたりダメだししたりというような、マイナスのイメージがあるので、お互いに「声かけする」という習慣づけを店内に仕組み化するといいのではないでしょうか?

「スマイル忘れてるぞ」
「Hey!スマイル!」

とお互いに声を掛け合うようにすれば、自然に笑顔がでるのではないでしょうか?

もっとも、一番いいのは意識しなくても、すべてのスタッフが自然な笑顔で仕事ができるようになることですが、この状態にするには、他の様々な取り組みも必要。

まずは、意識して笑顔を作るトレーニングを行い、これを無意識レベルでできるようにすることが大切でしょう。

image by: Shutterstock.com

中西敏弘この著者の記事一覧

若手飲食店コンサルタントとして、人気急上昇中の飲食店経営コンサルタント、中西敏弘が「売れる」飲食店作りの秘訣を論理的に、そして分かりやすく解説します。

無料メルマガ好評配信中

この記事が気に入ったら登録!しよう 『 飲食店経営塾 』

【著者】 中西敏弘 【発行周期】 毎週2回

print

  • 飲食コンサルが「マスクの下は笑顔です」POPに違和感を抱く訳
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け