金正恩氏が電撃訪中、モリカケしてる間に日本は半島情勢で劣勢に

ou20180328
 

世界中を驚かせた、金正恩氏の中国電撃訪問。なぜこのタイミングで正恩氏は訪中したのでしょうか。台湾出身の評論家・黄文雄さんは自身のメルマガ『黄文雄の「日本人に教えたい本当の歴史、中国・韓国の真実」』で、中朝の思惑が一致したことをその理由として挙げるとともに、5月に予定されている米朝首脳会談については、日本が蚊帳の外に置かれることがないようアメリカとの連携を強めるべきだとしています。

※本記事は有料メルマガ『黄文雄の「日本人に教えたい本当の歴史、中国・韓国の真実」』2018年3月27日号の一部抜粋です。ご興味をお持ちの方はぜひこの機会にバックナンバー含め3月分すべて無料のお試し購読をどうぞ。

プロフィール:黄文雄(こう・ぶんゆう)
1938年、台湾生まれ。1964年来日。早稲田大学商学部卒業、明治大学大学院修士課程修了。『中国の没落』(台湾・前衛出版社)が大反響を呼び、評論家活動へ。著書に17万部のベストセラーとなった『日本人はなぜ中国人、韓国人とこれほどまで違うのか』(徳間書店)など多数。

【中朝】なぜ北朝鮮はこのタイミングで訪中したのか

<中朝首脳>訪中の要人は金正恩氏 習近平主席と会談

3月27日、北朝鮮の金正恩委員長が中国を電撃訪問しました。北朝鮮からの特別列車が北京に到着し、黒塗りの車が車列をなして釣魚台を訪れました。北京では最高レベルの警備体制が敷かれました。

中国のSNSである微博(ウェイボ)では、金正恩のあだ名である「金三胖」(金三代目のふとっちょ)が検索不可となっています。

金正恩訪中成禁搜字 微博封鎖相關字

この時期に北朝鮮のトップが中国を訪れたのには、意味があります。トランプ政権が対中対北朝鮮の強硬派を次々と採用しているからです。トランプ大統領は3月13日、対北朝鮮に融和的なティラーソン国務長官を更迭し、CIA長官のポンペオ氏をその後任にあてました。前CIA長官ですから、中国や北朝鮮の情報には通じていることは言うまでもありません。

また、国家安全保障担当の大統領補佐官を、マクマスター氏から対北強硬派のボルトン氏へと交代させました。ボルトン氏は先制攻撃を主張する、やはり対北強硬派です。

5月に米朝首脳会談を開催することで、アメリカも北朝鮮も一応は合意していますが、はたしてどうなるかわかりません。米朝会談が破綻すれば、アメリカは北朝鮮攻撃に踏み切る可能性もあります。

そんななか、北朝鮮は生き残り戦略として、核やICBMの実験、平昌オリンピックの南北統一チーム、そして南北対話、米朝対話の合意に続き、電撃訪中を果たしました。

北朝鮮としては、米朝首脳会談が破綻したときに備えて保険をかけた意味合いもあると思いますが、それに加えて、現在、北朝鮮にとって中国を巻き込むには絶好のタイミングにあることも大きいでしょう。

印刷する

人気のオススメ記事

  • 金正恩氏が電撃訪中、モリカケしてる間に日本は半島情勢で劣勢に
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい