無料でDL可能。地震から家族を守るために読んでおきたい「東京防災」

2016.04.25
181
by NozomiK
 

早速ですが、電子書籍版の内容を、目次から見てみましょう

プロローグ
1.大震災シュミレーション
2.今やろう防災アクション
3.そのほかの災害と対策
4.もしもマニュアル
5.知っておきたい災害知識
安全のしおり
インデックス
漫画TOKYO「X」DAY

コラムなどの一部を除き、ほぼ全文が、黄色い紙面に黒い文字の、いわゆる「警告色」で書かれています。また、ほぼすべてのページに、ヘタウマなイラストが添えられていて、ガイド役は、サイの防サイ君。これによって、厳しい内容の割に読みやすく、洗練されたデザインと、ちょうどいいゆるさのイラストです。

漫画は、『沈黙の艦隊』や、『ジパング 深蒼海流』のかわぐちかいじ先生作です。なんとしても読んでもらいたいのでしょう。東京の本気が伝わる、完成度の高い、しっかりした「本」です。

わたしは、このメルマガを書くために、コラムやリストなど、全文を細かく読んだため、読了まで2時間ほどかかりましたが、必要なところをざっと読むなら30分ほどでしょう。

タイトルは『東京防災』ですが、東京に特化した内容はごく一部で、万一のときに必ず役に立つ汎用的な内容がほとんどです。

例えば、p28には…、

などと、いつもであれば、ここで例をあげて、良い点、悪い点の説明をするところですが、今回は、細かい説明をすべて省略します。とにかく、すでにこの本を持っている方以外は、今すぐダウンロードしてください

無料ですので、これを読んで生じるデメリットは、通信費がかかることと、読む時間が必要なこと、その程度です。

すでにこの本を持っている人で、まだ読んでいない人は、なんとしても時間を作って、できるだけ早く読んでおいてください。万一困ったときでも、そう言えば、「この本のどこかに書かれていたなぁ」と覚えているだけでも安心感が違うはずです。

阪神淡路大震災と東日本大震災、今回の熊本地震と、かなり短い期間で、大きな地震が増えている気がします。関東大震災は、10万人以上の死者、行方不明者が出たそうです。

クレーム対応、お客さま対応のノウハウは、命や、日常生活が送れる生活基盤があって、初めて成り立つものです。情報をたくわえ、そなえを怠らなければ、万一被災しても、落ち着いて行動ができ、いつもの日常が戻るのも早くなるはずです。ご自身だけでなく、ご家族やご友人にも、ぜひ、ご一読をおすすめください。お願いします。

image by: 東京防災

 

幸せを呼ぶ! クレーム対応術
有名企業、10数社のカスタマーセンターで身に着けた、クレーム対応のノウハウを、無料で、惜しみなく教えます。クレームのケーススタディ、クレームで自分を削らない方法、役に立つフレーズ、使ってはいけないことば、などなど、対応で役に立つことはもちろん、時事ネタや知っているようで知らなかった話を、詳しく、できるだけ面白くお伝えします。
<<登録はこちら>>

print
いま読まれてます

  • 無料でDL可能。地震から家族を守るために読んでおきたい「東京防災」
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け