何番だっけ?を防ぐ、見破られず忘れないマル秘パスワードの作り方

shutterstock_266043962
 

パソコンやスマホの普及、そしてSNSやネットショッピングの会員登録などなど、なにかと必要になるパスワード。わかりにくいもののほうが安全なのは分かっているのですが、自分も忘れてしまっては意味がない…そんな悩みを解消するような「安全でわかりやすいパスワードの作り方が」、無料メルマガ『1日1粒!「幸せのタネ」』で紹介されています。

そのパスワード、大丈夫ですか?

みなさんはどのくらい「パスワード」をお持ちですか? 銀行のキャッシュカード、クレジットカードなどは4桁の暗証番号。FacebookやTwitterなどのSNSももちろんIDとパスワードが必要ですし、その他、さまざまなサイトを利用するのに、とにかく

  • IDとパスワードを入力してログインしてください
  • 初めての方はご登録ください

と出てきて、片っ端から登録しているうちに、どこでどんなパスワードを入れたかわからなくなる…。パスワードの使い回し(同じパスワードをあちこちで使うこと)の危険性もいろいろ言われますが、こうもあちこちでパスワードが必要になると、肝心のパスワードが覚えていられません。ついつい「名前」とか「誕生日」なんかになってしまい、安全性の低いものになってしまいます。

パスワードの設定には、サイトによっていろいろタイプは違いますが、最低でも「英数字の組み合わせ6字以上」でしょう。そこに

  • 大文字と小文字の区別
  • 記号(? ! # $など)

が加わるとさらに安全性が高まります。しかし複雑なパスワードにすると。それはそれでまた忘れやすくなります。本来は、無意味な文字列が一番良いのですが、無意味なものほど覚えにくい。

そこで一つの工夫として「自分で暗号化するルールを作る」というのをお勧めします。これは、自分だけのルールで意味のある文字列を暗号にするというものです。

印刷する

文中に紹介されている価格については、掲載日時点のものとなります。実際の価格は購入先ページでご確認ください。

人気のオススメ記事

  • PR ねぇアタシって何点?知っておきたい、自分の将来の「可能性」
    ねぇアタシって何点?知っておきたい、自分の将来の「可能性」
    (株式会社J.Score)
  • 何番だっけ?を防ぐ、見破られず忘れないマル秘パスワードの作り方
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい