韓国にいる米国市民12万人に「退避」警報は届いているのか?

shutterstock_567919357
 

米国による北朝鮮への軍事圧力が日に日に増しています。朝鮮半島沖に展開する米空母カール・ビンソンの軍事力などが連日報道される一方で、これだけの危機を煽りながら、在韓の米国人に退避行動を促していない現状から「米は北を攻撃する意思は無いのではないか?」と予測する専門家も少なくありません。メルマガ『NEWSを疑え!』の著者で軍事アナリストの小川和久さんは、この意見を「もっともである」と肯定しながら、9.11の前例を紹介し、米国人には既に「情報」が通達されている可能性を指摘しています。

韓国にいる米国市民には警報が届いている?

北朝鮮の核実験と弾道ミサイル発射に向けて、米国の軍事的圧力がぐんぐん増している印象があります。

これまで述べてきたように、トマホーク巡航ミサイルによるサージカル・ストライク(精密誘導兵器を使った重要目標へのピンポイント攻撃)の態勢はできあがっていると考えてよいでしょう。

メディアは南シナ海から針路を朝鮮半島に変更した空母カール・ビンソンばかりに目がいっているようですが、それ以前に横須賀を母港とする空母ロナルド・レーガンの打撃群のイージス艦12隻と巡航ミサイル原潜の約500発が北朝鮮全域を射程圏内に収めていることを忘れてはなりません。

ここにカール・ビンソンの打撃群が加われば、トマホークの数は少なくとも700~800発になる可能性があります。

二つの空母打撃群が搭載している戦闘機も、定数だと120機にものぼります。小さな国の空軍力を上回る戦力です。

米空軍のゴールドファィン参謀総長も14日、自分のツイッターに嘉手納基地に勢揃いしたF15戦闘機などが整列した写真を掲載し、「このすばらしい戦闘空軍力のディスプレーを見よ! 戦闘態勢だ!」と、米空軍のトップとしては異例のツイートをしています。

こうした米国側の軍事的圧力に対して、軍事力の行使はないのではないかと言う見方もあります。

印刷する

文中に紹介されている価格については、掲載日時点のものとなります。実際の価格は購入先ページでご確認ください。

人気のオススメ記事

  • PR ねぇアタシって何点?知っておきたい、自分の将来の「可能性」
    ねぇアタシって何点?知っておきたい、自分の将来の「可能性」
    (株式会社J.Score)
  • 韓国にいる米国市民12万人に「退避」警報は届いているのか?
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい