世界的投資家バフェットを算命学で観て判った、金持ちになる方法

 

果たしてバフェットさんの「自由に生きるために金持ちになる」という目的は達成することができたのでしょうか? 35歳までに百万長者になるという子供の頃の目標は30代に入った頃には軽く達成することができました

子供の頃の小遣い稼ぎから始まり、ギャンブルの研究、投資、投機など様々なお金を稼ぐ方法を経験してきた結果、投資の合理性と面白さに魅せられ、80歳を超えた今でも続けています。

「毎朝、仕事に行くときはディズニーランドに行くような気分だ」ということですから、自由に生きるという目的はちゃんと達成できているのでしょう。

お金そのものや、お金を使うことにほとんど興味はなく、投資でお金を増やすことが好きだというバフェットさんは、76歳のとき、大きく膨れ上がった資産の85%(374億ドル)を毎年少しづつ慈善団体に寄付していくことを発表しました。自ら経営する投資会社から受け取っている給料は今でも年に10万ドル約1,000万円)だそうです。

ここで改めてバフェットさんの宿命を活かすポイントを見てみましょう。それは「どんな人生にしたいのか、その目的のためだけに全力をつくすこと」です。ようするに、自分の幸せのために努力すればいいのです。羨ましいですか?

このような宿命を活かすのは、実は結構むずかしいものです。なぜなら、全力をつくしてまで達成したいと思えるような「理想の人生を見つけることがなかなかできないからです。自分がやりたいこと、手に入れたい環境などが見つからないとどうにもならないのです。

力が余って、よからぬ方向に暴走してしまうこともあります。そういうわけで、実は生き方が難しいのです。このような傾向の宿命を持つ方で…

  • なんか人生が空回りしている
  • 力を注ぐ対象が見つからず、生きがいがみつからない

というような思いを抱えている方は、まずはじっくり、ご自分の「理想の人生」について考えを巡らせてみるのも、いいかもしれません。

バフェットさんはどうして大金持ちになれたのでしょうか? 一番の理由は、お金持ちになるために適切な方法を何十年も続けたからではないでしょうか。その方法を考え出し、きちんと実行するだけの知性と技術そして努力の結果です。

たとえ財運があまりよくない人でも、現実的に適切な方法をきちんと実行に移せば、それなりのお金は手に入るはずです。ただ、そのやり方がその人の宿命から外れていたら、せっかく手に入れたお金を維持できなかったり、健康を害したり、家庭に問題を抱えたりと、なにかしらのしわ寄せを受けることになるでしょう。

また時には、勢いのある財運の波に乗って、自分でもよくわからないうちにたまたま大金を手にすることがあるかもしれません。でも、お金を管理し運用する知識と技術がなければ、財運の勢いが衰えるにしたがってお金はいつのまにかなくなってしまうかもしれません。

80歳を過ぎても精力的に仕事を続けているバフェットさんは、ご自身の宿命にあった方法でかつ現実的に有効な方法でお金持ちになったと言うことができます。

宿命や運勢だけをいくら眺めて考えていてもお金持ちにはなれません。現実的に有効な知識と技術を身に付け、ご自身の宿命にあったやり方で実行して初めて安定した富を得られるのです。

天命を知って、人事を尽くそう!

image by: Krista Kennell / Shutterstock.com

『占い中毒にご用心』

『占い中毒にご用心』

この著者の記事一覧はこちらから

算命学を活用した大人のための人生設計術をお伝えするメルマガです。「なぜこんなもので人生を語れるのかわけわからんが、あなどれないことだけは間違いない」と考える著者の「磯野はまぐり」は算命学研究家ですが、元々は科学者で、時々投資家で、ごくまれに翻訳家で、ほぼ毎日一家の台所担当重役だったりします。ほぼ日刊でお届けしています。

  •  この著者の最新記事をメールでお届け

  • 規約に同意して

print

  • 世界的投資家バフェットを算命学で観て判った、金持ちになる方法
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け