繰り返される「遺憾の意」。安倍政権の北朝鮮政策は、正しいのか?

 

北朝鮮は、「世界の孤児」

亀さんのようにノロノロした歩みでも、少しずつ情勢が動いている例を挙げましょう。毎日新聞9月5日。

緊急会合は、日米韓英仏が要請した。英仏が要請に加わるのは異例。

日本の別所浩郎国連大使も「時間を無駄にはできない」と話し、安保理が一致して最大限の圧力をかけるため、新しい制裁決議案を採択するよう求めた。英仏両国の大使も決議案の採択を主張した。

これは、何でしょう? イギリスとフランスは今まで、「北朝鮮核問題? 遠いからあまり関係ありません」という態度だった。ところが、いよいよ「関与せざるを得ないよね」というムードになってきた。

そういえば8月29日、私はベラルーシの知人からメールをもらいました。

弾道ミサイル発射のニュースを見ました。日本に同情します。日本は隣国に恵まれていないですね。日本の皆さんの安全を祈ります。

ベラルーシは、「欧州最後の独裁者」とよばれるルカシェンコさんが統治する国。そんなベラルーシでも、「北朝鮮は、なんという悪い国だ!」となっている。そう、北は、まさに「世界の孤児になっているのです。

国際世論は、日米の側にある。将来戦争になるにしても国連安保理を通して行けるとこまで行くことがとても大切です。戦争になった時、全世界が「悪いのは北、日米は、できるかぎりの努力をした」と納得するほどに。そうなれば、中国、ロシアも、露骨に北朝鮮支援をできなくなるでしょう。

たとえば、中国が北を露骨に守ったとします。そのとき、欧州が日米側につき、日欧米で中国に強力な経済制裁を課すことにした。すると、中国経済は崩壊してしまうでしょう。1950年からの朝鮮戦争で、中国は北を守りました。そのとき、中国には、「崩壊させるだけの経済」がなかった。しかし、今の中国は違います。GDP世界2位。経済が崩壊すれば、共産党一党独裁体制も崩れることでしょう。

習近平はやがて、北朝鮮を見捨てるか北を守って自国を崩壊させるかの選択を迫られることになります。

 

北野幸伯この著者の記事一覧

日本のエリートがこっそり読んでいる秘伝のメルマガ。驚愕の予測的中率に、問合わせが殺到中。わけのわからない世界情勢を、世界一わかりやすく解説しています。まぐまぐ殿堂入り!まぐまぐ大賞2015年・総合大賞一位の実力!

無料メルマガ好評配信中

この記事が気に入ったら登録!しよう 『 ロシア政治経済ジャーナル 』

【著者】 北野幸伯 【発行周期】 不定期

print
いま読まれてます

  • 繰り返される「遺憾の意」。安倍政権の北朝鮮政策は、正しいのか?
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け