金正恩をイラッとさせた、トランプ氏「北のロケットマン」発言の罠

kitano20170925
 

トランプ米大統領は先日、北朝鮮の金正恩氏に対して「ロケットマン」「マッドマン」などと言い放ち挑発、これに対し金正恩氏は初めて自らの名前で声明を出して応戦。事態はますます混迷を極めていますが、無料メルマガ『ロシア政治経済ジャーナル』の著者で国際関係研究者の北野幸伯さんは、北朝鮮問題をどのように見ているのでしょうか。各種報道等を引きながら、トランプ大統領の「真の狙い」と金正恩氏が置かれた状況について持論を記しています。

大舌戦! トランプvs金正恩

トランプさんと金正恩さんの舌戦が激化しています。核保有国同士の「舌戦」。笑えませんね。時系列に見てみましょう。

9月19日、トランプは、国連総会で演説しました。産経新聞9月20日から。

北朝鮮の金正恩体制について「ロケットマンが自殺行為の任務を進めている」と述べ、北朝鮮の核・弾道ミサイルは金体制の崩壊につながると警告。「米国はあらゆる手段を講じて自国と同盟国を防衛する」と言明するとともに、もし軍事攻撃に踏み切る事態となれば「北朝鮮は完全に破壊される」と強調した。

ロケットマンが自殺行為の任務を進めている」。この「ロケットマン」というあだ名は、定着しそうです。

北朝鮮は完全に破壊される」。可能性はありますね。

トランプ、独自制裁を強化

9月21日、トランプは、北朝鮮に対する制裁を強化する大統領令を出しました。(国連安保理とは関係ない、アメリカの独自制裁です。しかし、アメリカは、世界1の経済大国ですから、影響は大きいです)。

トランプ氏「北の資金源絶つ」…経済封鎖目指す

読売新聞 9/22(金)1:50配信

【ニューヨーク=黒見周平、大木聖馬】

 

トランプ米大統領は21日、北朝鮮との貿易や金融取引、航空機・船舶の移動を厳しく制限する大統領令に署名した。違反した場合、財務長官が米国内の資産を凍結し、米国との取引を禁じる金融制裁措置を発動する。米国による独自制裁の範囲を大幅に拡大し、北朝鮮と国際社会のカネとモノの流れを遮断する「経済封鎖」の実現を目指したものだ。

主なターゲットは、北を支援している中国やロシアですね。たとえば中国の銀行が、北朝鮮と取引している。それがばれると、同行のアメリカ資産は凍結される。そして、アメリカ金融機関や企業との取引が禁止される。普通の金融機関、企業に、「アメリカと取引するか、北朝鮮と取引するか、選べ!」と聞けば、99%は「アメリカと取引する」となるでしょう。

印刷する

人気のオススメ記事

  • PR 誰も教えてくれない自分の「可能性」、それAIが2分で教えます。
    誰も教えてくれない自分の「可能性」、それAIが2分で教えます。
    (株式会社J.Score)
  • 金正恩をイラッとさせた、トランプ氏「北のロケットマン」発言の罠
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい