仮想通貨バブルに湧く日本人に今こそ伝えたい「富を得る心得」

 

士魂商才とは

士魂商才」をもう少し説明しますと、商売をするには、武士の魂をもって行うことが重要だ、という意味になります。では、武士の魂とはどういうものでしょうか。

新渡戸稲造は、その著書『武士道』の中で、こういっています。武士の本分は、「仁・義・礼・智・勇」であると。論語の教えの中にもあることです。

渋沢も同じことを言っています。「仁・義・礼・智・勇に基づいた商売をすることが商人(経営者)にとって必要だというわけです。『論語と算盤』は、そうした考え方で貫かれています。

そして、「儲ける」ことについても、考え方は明確です。このように書かれています。

「真正の利殖は、仁義道徳に基づかなければ、決して永続するものではない」

つまり、思いやりや正しい行いによって得られた利益でなければ事業は長続きはしない、ということです。

また、こうも書かれています。

「道理をもった富貴でなければ、むしろ貧賤の方が良く、もし正しい道理を踏んで得た富貴ならば差支えない」

道理や徳による富の形成ならば、大いに結構だということです。さらに渋沢は、「自分の人生は忠恕一貫の思想をやり通した」と振り返っています。相手への思いやりと誠実な態度を貫いたということです。

まさに、経営者だけでなく人間のとるべき道ですね。実業家として成功を納めた人の言葉だからこそ説得力があります。ビットコインに振り回される人たちが聞いたら、どう思うのでしょう。

それはともかく、正しい道を歩んでこそお店も繁盛することを、この機会に渋沢栄一から学びたいと思います。

■今日のツボ■

  • 儲けることは良いことだが、考え方が大切である。
  • 「論語と算盤」には、正しい経営の道が示されている。
  • 「士魂商才」こそ、経営者の目指す道である。

image by: Wikimedia Commons

梅本泰則この著者の記事一覧

ワン・トゥー・ワンコンサルティング代表。スポーツ用品業界での経験と知識を生かし、業界に特化したコンサルティング活動を続ける。
スポーツ用品業界在籍33年の経営コンサルタントが、スポーツショップの業績向上法について熱く語ります。スポーツショップのために書かれた、日本初のメルマガです。ここには、あなたのお店がかかえている問題を解決するヒントがいっぱいです。

無料メルマガ好評配信中

この記事が気に入ったら
登録!しよう
『 がんばれスポーツショップ。業績向上、100のツボ! 』

【著者】 梅本泰則 【発行周期】 週刊

印刷する

人気のオススメ記事

  • 仮想通貨バブルに湧く日本人に今こそ伝えたい「富を得る心得」
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい