歯を磨かない子どもが一発で磨くようになる魔法の教え方

 

写真、動画、イラストを使うと説得力が高まる

インフルエンザ・ウィルスの顕微鏡写真を見せると、子どもたちは驚きます。咳やくしゃみの飛沫がどのように飛び散るかを説明する動画を見せたこともあります。子どもたちは想像以上に広い範囲に散らばることを知って驚いていました。

手洗いをする前の手と、石鹸でしっかり洗った手を比べた写真も効果的です。特殊なライトを当てて撮影した写真で、洗う前の手がどれくらい汚れているかがわかります。

医者が効果的な手洗いの仕方を説明する動画を見せ、その洗い方で実際に洗う練習をするのも効果的です。

こういう授業のあとは、子どもたちは学校でも家でもうがいと手洗いをしっかりやるようになりました。保護者たちからも、「帰ってくるとすぐうがいと手洗いをするようになりました。今まで何回言ってもやらなかったのに…」という報告をたくさんもらいました。

口頭で「しっかり手を洗いましょう」と言ったり、「ちゃんと石鹸で洗わなきゃダメでしょ」「何度言ったらできるの?」などと叱ったりするだけでは、なかなか実行に結びつきません。というのも、実は子どもたちは手洗いの必要性を本当にはわかっていないからです。「また言ってる。そんなにやらなくても大丈夫だよ」くらいに思っているのです。

ところが、写真動画イラスト専門家の説明などを使って伝えると、ぐんと説得力が増します。そして、子ども自らが「ああ、そうなんだ。これからはちゃんと手を洗おう」と思えるようになるのです。

資料集めはネット検索で

その納得度が高ければ高いほど実行に結びつきます。つまり、納得度とやる気は正比例するのです。

もちろん、日が経つにつれてだんだん効果は薄れますが、それでもしばらくの間はかなりの効果があります。そして、忘れた頃にまたおさらいをしてあげれば、再びやる気になります。

このようなわけで、家庭でも啓発を大事にして欲しいと思います。でも、こういうことを実際にやっている家庭はあまりありません。啓発の大切さとその効果がわかっている親は極めて少ないからです。

写真、動画、イラスト、わかりやすい説明などは、ネットで簡単に集めることができます。先ほどの例で言えば、「インフルエンザ 予防 手洗い」などの言葉を組み合わせて検索します。「インフルエンザ 動画」「インフルエンザ 画像」などの言葉で検索すれば、すぐ使える動画や画像が出てきます。

print

  • 歯を磨かない子どもが一発で磨くようになる魔法の教え方
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け