デキる販売員は、ノウハウを自ら「ノウ」と「ハウ」に分けて使う

shutterstock_376099498
 

せっかく頭の中にたくさんのノウハウを持っているのに、接客する相手にうまく伝えられない販売員が多いと嘆くのは、無料メルマガ『販売力向上講座メールマガジン』の著者で接客販売コンサルタント&トレーナーの坂本りゅういちさん。「ノウ」と「ハウ」を分けて考えることがコツだというのですが…、いったいどのようにしたらいいのでしょうか?

ノウとハウを分けて考える

よく耳にする、『ノウハウ=know-how』という言葉があります。意味としては、まとめて、知識や手法といった意味ですが、せっかくたくさんのノウハウを持っているのに、お客様にうまく伝えられない販売員が少なくありません

これは本当にもったいないことだと思います。いくら勉強してノウハウを増やしていっても、そのノウハウをきちんと伝えられなければ、お客様には響かないからです。

どういうことかというと、例えば、「この紅茶はこうやって飲むと美味しいんですよ」というノウハウをお客様に伝えるとします。紅茶の入れ方にポイントがあるとしましょうか。それをお客様に伝えると、確かにお客様は、「へえ~そうなんだ」と言ってくれるかもしれません。

しかし、この伝え方は、ノウハウを伝えているのではなくて、“ノウ=知識の部分しか伝えられていません。これだけだと、お客様は「へえ~」とは言ってくれても、商品を買おうとまでは思ってくれないことが多いんです。

だから、紅茶の飲み方を伝えるとしたら、その先のハウ=やり方までを一緒に伝える必要があります。“ノウ”の部分は、「こうするといいんですよ」「これが正しいんですよ」といった、「こうなんですよが前提に来ているものです。

しかし、これには大事なことが抜け落ちています。「お客様が再現できるかわからない」ことです。例えいくら正しいやり方、「こうなんですよ」を伝えても、それをお客様が自分自身で再現できなければ、ただの知識でしかないんですね。

印刷する

人気のオススメ記事

  • デキる販売員は、ノウハウを自ら「ノウ」と「ハウ」に分けて使う
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい