デキる販売員は、ノウハウを自ら「ノウ」と「ハウ」に分けて使う

 

先ほどの紅茶の例に戻りましょう。

「この紅茶はこうやって飲むと美味しいんですよ」という“ノウ”を伝えたとしても、それが専用の道具を持っていなければできないことだったら。お客様は、自宅で再現できないのですから、ただ知識を学んだだけになってしまいますよね。お客様に響かせて、紅茶を買ってもらいたいなら、ここで、“ハウ”を伝えるのです。

おそらくこんな流れになると思います。

「この紅茶はこうやって飲むと美味しんですよ」(=ノウ)

「でも、道具が必要なので、ご自宅だとなかなか難しいですよね

「お客様は、普段何を使って紅茶を淹れますか?」

「でしたら、その道具を使ってこうやって淹れると、一気に紅茶の味が良くなるんですよ!」(=ハウ)

こうして“ノウハウを両方ともきちんと伝えることができると、お客様は自宅で再現することができるようになります。すると、一気に自分が紅茶を飲んでいる姿が想像できて、商品が欲しくなってくるのです。

何度も言いますが、知識だけをただ伝えるのは、あまり意味がありません。それは、お客様にとっては講義を受けているのと何も変わらないからです。

大事なのは、その知識を持った上で、お客様が再現をするためのやり方を伝えられるかどうか。これができる人が、販売員として優秀な人で、ネット社会でも生き残れる販売員です。

あなたの持っているノウハウを分解して考えてみてください。知識ばかりになってしまっているならば、ハウの部分をどうやって増やすかを考えましょう。それを合わせて、お客様に伝えていくことで、必ず商品の売れ方が変わっていきます。

今日のおさらいです。

  • ノウハウは、ノウ(=知識)だけを伝えるのでは意味がない。ハウ(=やり方)も伝えて、再現性を持たせる。

image by: Shutterstock.com

販売力向上講座メールマガジンこの著者の記事一覧

様々な接客販売業で日本一の売上を獲得した販売員がお伝えする販売力向上の秘訣!
「もっと売れる販売力を身につけたい……」「スタッフへの指導について勉強したい……」など、接客販売力を向上させるために必要な事を毎日無料で配信中。

無料メルマガ好評配信中

この記事が気に入ったら
登録!しよう
『 販売力向上講座メールマガジン 』

【著者】 販売力向上講座メールマガジン 【発行周期】 日刊

印刷する

人気のオススメ記事

  • PR GWの10連休で日本市場はどうなる?年末の暴落危機は再び訪れるのか
    GWの10連休で日本市場はどうなる?年末の暴落危機は再び訪れるのか
    (株式会社新生ジャパン投資)
  • デキる販売員は、ノウハウを自ら「ノウ」と「ハウ」に分けて使う
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい