金正恩の憂鬱。トランプの逆鱗に触れた「北朝鮮外交」の行く末

kitano20180529
 

5月24日、予定されていた史上初の米朝首脳会談の「中止」を発表するもその翌日、「6月12日の開催もあり得る」と発言したトランプ大統領。北朝鮮は、「これまでのような脅しが通用する人物ではない」と見たのか異例の反応を示すなど、自国のお株を奪うトランプ氏の「瀬戸際外交」に翻弄されているようです。果たして首脳会談は実現するのでしょうか。そして金正恩委員長にはどのような決断が必要なのでしょうか。無料メルマガ『ロシア政治経済ジャーナル』の著者でロシア在住の国際関係ジャーナリスト・北野幸伯さんが分析します。

トランプ、「やっぱり米朝首脳会談やります!」なぜ??

先日、「6月12日の米朝首脳会談やめます!」と宣言し、世界を仰天させたトランプさん。今度は、「やっぱり6月12日に首脳会談します!」と宣言し、また世界の民を卒倒させました。なんか、トランプさんに振り回されていますね。どういう経緯でそういう話になったのでしょうか?

これ、そもそも北朝鮮が「中止する!」といっていたのですね。BBC NEWS 5月24日を見てみましょう。

北朝鮮の崔善姫(チェ・ソンヒ)外務次官は24日、マイク・ペンス米副大統領の言動を「愚か」と非難し、外交が失敗した場合には「核による最終決戦」の可能性を警告した。崔氏は、北朝鮮政府は米国に対話してほしいと「お願い」などしないし、会談に出席するよう説得もしないと述べた。米国と北朝鮮は両国ともここ数日、6月12日に予定されている米朝首脳会談が延期、あるいは中止となる可能性があると警告している。

北は、「別に会談しなくたっていいんだぜ!」という態度。そして、「核で最終決戦したっていいんだぜ!」と。なんで、北はキレまくっていたか? そう、ペンスさんが、「リビア方式に言及したから。

100万回書いているので、詳述しませんが。リビアのカダフィ大佐は、03年に核開発を止めた。そして11年、アメリカが支援する反体制派に殺された。北のイメージする「リビア方式」とは、「武装解除させて殺す」です。それで反発した。

そして、今度は、トランプさんが激怒。理由は、北高官の過激発言だけではないみたいです。AFP=時事5月25日、首脳会談中止宣言の理由は、「北朝鮮が不誠実だから」としています。

高官は北朝鮮側がシンガポールで行われる予定だった米国側との準備会合を無断欠席したことに言及し、「信義誠実の深刻な欠如」と指摘した。「米国側はひたすら待ったが北朝鮮側は姿を現さなかった。北朝鮮側は連絡すらよこさず、われわれに待ちぼうけを食らわせたのだ」

なるほど~。これは、ムカつきますね。

ホワイトハウスは北朝鮮の米韓合同軍事演習に対する抗議と、南北閣僚級会談を突然中止したことも、北朝鮮が米朝首脳会談に向けて約束したことの違反とみなしている。
(同上)

そういえば、北は以前、米韓軍事演習に理解を示していました。

高官は北朝鮮が核実験場の廃棄への国際監視団の立ち会いを認めなかったことで、さらに信頼が損なわれたと指摘している。「(国際監視団を立ち会わせる)約束はほごにされた。代わりに記者団が招待されたが、(核実験場の廃棄が)完了したという科学的証拠は大して得られなかった」「(核実験場の廃棄が)事実であれば良いが、真相は分からない」
(同上)

う~む。これは、結構決定的かもしれません。本気で核実験場を廃棄するなら、監視団がきてもまったく問題ないはずです。そんなこんなで、トランプさんは5月24日、「米朝首脳会談中止!」を宣言した。

印刷する

人気のオススメ記事

  • 金正恩の憂鬱。トランプの逆鱗に触れた「北朝鮮外交」の行く末
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい