レジェンド葛西だからこその説得力。疲れない体をつくるポイント

shinmai20180531
 

週の半ばを過ぎると体に疲れがたまり、何をするのも億劫になってしまう…。そんな方にオススメなのが、今回の無料メルマガ『新米社労士ドタバタ日記 奮闘編』で紹介されている、スキージャンプのレジェンド・葛西紀明さん流「疲れない体をつくるポイント」。寝る前の3分でできるトレーニングで代謝を上げれば疲れ知らずとのことで、試してみる価値アリですよ。

疲れない体の作り方

社労士業会は、もうすぐ労働保険の年度更新、社会保険の算定基礎届と手続きメインの事務所では大忙しのシーズンになる。ブラック会社、働き方改革など、社労士たちの周辺では、いろんな動きが激しい…。


新米 「なんか最近、身体がしんどいんですよ~」

大塚 「お爺さんじゃないんだから、しっかりしてよね」

新米 「はい、確かにボクが一番若いですからね」

大塚 「バカなこと言って、ふざけてるんじゃないわよ」

新米 「いやぁ~、ふざけているわけでは…」

深田GL 「残業の多いブラック会社と違って、うちはそんなに時間外多くないだろ」

新米 「そうなんですけど、最近肩こりもひどいし、なぜかしら疲れやすいんですよ」

大塚 「運動不足もあるんじゃない?」

新米 「あ、はい。たしかに…」

E子 「そうそう、この間テレビでレジェンドが『疲れない体をつくるポイント』って話していたわよ」

新米 「レジェンド?『疲れない体をつくるポイント』?」

大塚 「レジェンドていうのは、スキーヤーの葛西紀明選手のことですよね?」

新米 「あぁ~、あのスゴイ人ですね」

深田GL 「本も出してらっしゃるみたいだね」

大塚 「へぇ~、そうなんですか?!」

新米 「それより早く『疲れない体をつくるポイント』を教えてくださいよ~」

E子 「あぁ~、ごめん、ごめん。疲れない体をつくるためにもっとも大切なのは代謝をあげることなんだって」

新米 「年をとると落ちて行く、あれですね」

大塚 「イヤミな言い方するわね」

新米 「す・び・ば・せん…」

E子 「基礎代謝をあげると、疲労物質を体外に排出させることもできるそうよ」

大塚 「へぇ~、それは良いですね」

print

  • レジェンド葛西だからこその説得力。疲れない体をつくるポイント
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け