どんなお店もやればできる、ブランド力を手に入れる確実な方法

 

スポーツショップのブランド力

町のスポーツショップにもブランド力はあるのでしょうか。あります。ただし、それは大手スポーツ店のように、店名がブランドになるわけではありません。そうなるためには、広告宣伝にかなりの投資が必要です。

実は、そんなことをしなくても、ブランド力を上げる方法があります。どんなことでしょう。もちろん、品質の高い商品をそろえて提供するということは必要です。また、有名ブランドを取り扱うこともブランド力をあげることにつながるかもしれません。

しかし、あなたのお店にとって本当に大事なのは「□□といえば〇〇スポーツ」と言われるようになることです。例えば「野球用品を買うなら〇〇スポーツ」とか、「勧めるとすれば○○スポーツ」とか、「店員さんが気持ちいいのは〇〇スポーツ」とか、お客様が言うようになってくれることです。それが、お店のブランド力だといえます。

要するに、お客様にどんな良いイメージを持ってもらうかということです。

そんなブランド力がつくとお客様が値切るなんてことはなくなります。お店で買ったことが大満足です。さらには、周りの人に自慢さえするかもしれません。

つまり、有名ブランドを売ることがお店のブランド力ではありません。どんな売り方をするかどんな思いを持って商売をしているかがブランド力です。それがお客様に伝われば、ブランド力はあがります。

ただし、お客様は敏感です。少しでも手を抜いたら、長年育ててきたブランド力が水の泡となります。今回の日大の対応を見て、つくづくそう思いました。

■今日のツボ■

  • ブランドは、企業やお店とお客様を結びつける「絆」。
  • 「□□といえば、〇〇スポーツ」と言われることが大切。
  • 売り方やお店の思いも、大きなブランド力である。

image by: Northfoto / Shutterstock.com

梅本泰則この著者の記事一覧

ワン・トゥー・ワンコンサルティング代表。スポーツ用品業界での経験と知識を生かし、業界に特化したコンサルティング活動を続ける。
スポーツ用品業界在籍33年の経営コンサルタントが、スポーツショップの業績向上法について熱く語ります。スポーツショップのために書かれた、日本初のメルマガです。ここには、あなたのお店がかかえている問題を解決するヒントがいっぱいです。

無料メルマガ好評配信中

この記事が気に入ったら
登録!しよう
『 がんばれスポーツショップ。業績向上、100のツボ! 』

【著者】 梅本泰則 【発行周期】 週刊

印刷する

人気のオススメ記事

  • どんなお店もやればできる、ブランド力を手に入れる確実な方法
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい