なぜ、京セラ稲盛和夫氏は「不利な買収条件」でも応じたのか?

shutterstock_1123242614
 

京セラの稲盛和夫氏が、ビジネスにおいて大切にしている「利他の心」。利他とは「他人に利益を与えること、自分のことよりも他人の幸福を願うこと」ですが、それで本当にビジネスがうまくいくのでしょうか。今回の無料メルマガ『戦略経営の「よもやま話」』では、京セラによるアメリカ企業の吸収合併の際のエピソードを紹介し、「利他」がビジネスにどのような影響を及ぼすかについて解説しています。

成果を得ることが目的

京セラの稲盛和夫さんは利他の心について「ビジネスの世界においても一番大切であると思っています」と言い、そしてそのようにすることによって「短期的には多少の犠牲を払っても長期的には必ず報われる」としています。その意味するところは「ほとんどの人の“心の深層”」が「利他」に同調して、「納得感」と「共感」を呼び起こすからなのでしょうか。

稲盛さんは、その事例としてアメリカのAVX社のM&A(吸収合併)が「好感」をもって受け入れられて、それがために「京セラフィロソフィーが抵抗少なく浸透されて興隆が成されたことをあげています。

少し長くなるですが紹介します。AVX社との関係は、積層コンデンサの将来性を確信して同社の前身であるエアロボックス社とライセンス契約を交わしたことに始まります。同社は分裂してAVX社に事業が受け継がれたのですが、その同社から「日本での独占販売権について契約破棄の申し出でがなされました。その時に稲盛さんは、公正さから判断し日本での独占販売権を放棄しました

後に、業績が悪くなったAVX社から買収の申し出がありました。買収方法を株式交換とし、その時のAVX社の株価は当初20ドルだったのですが5割増しで評価してほしいとのことで30ドルとしました。すると、それでも安すぎるから1割増しの32ドルにしてほしいとの要望があり、それも受け入れて一応両社の了解が成立することとなりました。

印刷する

人気のオススメ記事

  • PR 儲からない、続かない…はもう卒業。タイプを活かして副業成功へ
    儲からない、続かない…はもう卒業。タイプを活かして副業成功へ
    (副業アカデミー)
  • なぜ、京セラ稲盛和夫氏は「不利な買収条件」でも応じたのか?
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい