そりゃ業績も上がらんわ。社員に伝わってない経営理念の無意味さ

shutterstock_1044298705
 

業績が芳しくなくなってきた経営者から相談を受けたという、無料メルマガ『がんばれスポーツショップ。業績向上、100のツボ!』の著者・梅本泰則さん。聞けば、経営理念や行動規範はしっかりと持っているようなのですが…、それが業績に繋がらない理由は、意外なところにありました。

経営者のリーダーシップ

あなたは何のために経営をしていますか。売上や利益を上げるためですか。お客様に喜んでもらうためですか。社会の役に立つためですか。

いきなり、難しい問題になりましたね。

実は、経営者はどうあるべきかということに悩んでいる方に出会いました。どうも、最近の業績が芳しくないようです。そこで、その原因について聞いてみました。その経営者は、いろいろと原因を並べます。

  • 子供の数が減ってきている
  • 毎日やることが多すぎて、じっくりと戦略を練る時間がない
  • 競合店が増えてきて、価格競争におちいっている
  • 目新しい商品が少ない
  • 以前に比べて広告宣伝の効果が薄くなっている
  • 問屋さんが協力的でなくなっている
  • 在庫コントロールが難しくなっている

大変ですねえ。しかし、これらは本質的な原因ではないような気がします。その本質的な原因をさぐろうと、次のようにたずねてみました。

会社の目指しているところはどんなことですか

経営者から、明確な返事が返ってきました。

会社にたずさわる人たちが幸せになることです

なるほど。悪くありません。

続いて質問をしました。

そのために社員の人たちにどんな心構えを持っていただいていますか

つまり、社員の皆さんの行動規範はあるか、ということです。さすがにそれは持っていないだろうと思っていました。そんなスポーツショップは珍しいからです。ところが、即座に返事が返ってくるではありませんか。

print

  • そりゃ業績も上がらんわ。社員に伝わってない経営理念の無意味さ
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け