アメリカに不協和音か。北に激怒の「死神ボルトン」が発した警告

kitano20180815
 

トランプ大統領が米中間選挙まで様子見を決め込んでいるとも言われる北朝鮮の非核化に対し、その「遅れ」に痺れを切らした米のボルトン大統領補佐官が8月9日、重大警告を発しましたが、事態の進展はあるのでしょうか。国際関係ジャーナリストの北野幸伯さんは自身の無料メルマガ『ロシア政治経済ジャーナル』で、フセインやカダフィの悲惨な最期を目の当たりにしている金正恩がアメリカを信用しないのも当然とし、トランプ大統領が今後、戦争以外の解決策を探すことに期待すると記しています。

北朝鮮、アメリカの提案をすべて拒否!

金正恩さん、アメリカの提案を【 全拒否 】しているそうです。

北朝鮮、米国の提案全て拒否 非核化交渉進まず

CNN.co.jp 8/11(土)11:42配信

 

ワシントン(CNN) 北朝鮮の非核化をめぐる交渉で、米国が再三にわたり北朝鮮側に提案を伝えているものの、いずれも拒否されていることが11日までに分かった。複数の外交筋が明らかにした。

外交筋によれば、米国側は「完全に検証された非核化という終着点」に至る道筋について具体的な提案を行ってきた。だが、北朝鮮側は「強盗的」だとして、こうした提案をすべて拒否したという。
(同上)

どうして、こういう話になるのでしょうか? RPEでは、金正恩の意図について、以下のように書いてきまし
た。

  • 金正恩は、父の成功を真似しようとしている。つまり
  • 「非核化します!」と宣言する
  • 「制裁解除」「経済支援」「体制保証」を得る
  • でも、ちゃっかり核兵器は保有しつづける

こういう意図をもって、彼は6月12日、シンガポールでトランプにあった。そして、ディールは以下のようになりました

  • 完全な非核化すれば、体制保証
  • 体制保証すれば、完全な非核化

金正恩は、「制裁解除(少なくとも緩和)」も、「経済支援」も勝ち取ることができなかった。世界中のマスコミが、「この会談は大失敗だ!」と合唱していましたが、RPEだけは、「大成功だ!」と書いていました。

というのも、トランプは、金に実質何も与えていない。制裁も緩和しないし、経済支援もしない。体制保証の約束はしましたが、「完全な非核化」が前提なので、「完全な非核化がなければ体制保証もなしです。結局、金は何も得ることができず、一方で、「完全な非核化を約束したのです。

そして、案の定、彼は約束を守ることができません。父・金正日の成功パターンを、そのまま規模を大きくして真似てみた。ところが、アメリカも、過去の失敗体験から学んでいるのです。

米国側は完全かつ検証可能な非核化を求めており、これが実現するまでは制裁を維持する方針。一方、北朝鮮側はさらなる措置を取る前に、制裁解除や平和協定締結を要求するとしている。
(同上)

RPEで大昔から書いてきたこと、今では北朝鮮自身が「公言」するようになっています。つまり、「完全な非核化の前に制裁解除しろ!」と。で、制裁解除すれば、経済が潤い、「もう非核化はやめましたとなるに決まっています

印刷する

人気のオススメ記事

  • アメリカに不協和音か。北に激怒の「死神ボルトン」が発した警告
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい