笛吹けど踊るは日本だけ?トランプのイラン制裁に欧州はどう動く

kitano20180911
 

トランプ大統領が11月から開始するイラン産原油に対する制裁に、日本の石油元売り大手各社も従うことが明らかになりました。これを受け無料メルマガ『ロシア政治経済ジャーナル』の著者で国際関係ジャーナリストの北野幸伯さんは、「トランプ外交」となってからイラン再制裁に至った経緯を詳しく解説、イランと米国の戦争の可能性に言及するとともに、「欧州の動向次第でアメリカの没落速度は加速するだろう」とも記しています。

日本は、イラン原油の輸入を停止する

日本は、イラン原油の輸入を禁止するそうです。

イラン原油の輸入、大手3社が停止の意向通知

読売新聞 9/6(木)0:19配信

 

米国がイラン産原油に対する制裁を11月に再開することを受け、石油元売り大手のJXTGホールディングス(HD)、昭和シェル石油、富士石油がイラン側に対し、原油の輸入停止の意向を通知したことが5日、わかった。

後述しますが、トランプさんは、全世界にイラン産原油を買うな!と要求しています。無視して原油輸入をつづけると、どうなるのでしょうか?

輸入制限に反して調達を続けると、米国内で企業活動ができなくなる恐れがあるためだ。各社は今後、増産の余地があるサウジアラビアなどから原油を代替調達する方針。ガソリンなど石油製品の価格に対する影響は軽微とみられる。

「輸入制限に反して調達を続けると、米国内で企業活動ができなくなる恐れがあるためだ」

これが、アメリカの制裁の怖さですね。アメリカは、国連安保理を通さずイランに制裁する。しかし、他のすべての国に、「あなた方もイランとの取引をやめろ! さもないと、あなたの国、あなたの会社にも制裁を科すぞ!」と脅す。それで、結構な影響力があるのです。

ちなみに、ロシアへの制裁もそうです。アメリカがロシアに科している制裁ですが、他国も従うよう強要される。そのせいで、ロシア経済は、ボロボロになっています。

ところで、イラン原油を停止すると、日本はどうなるのでしょうか? イラン原油が日本の原油輸入量に占める割合は5%ほど。他国からの輸入量を増やすことでカバーできるので、大きな問題は起こらないだろうといわれています。

印刷する

人気のオススメ記事

  • 笛吹けど踊るは日本だけ?トランプのイラン制裁に欧州はどう動く
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい