ただ「ダメ出し」するだけじゃダメ。デキる人はどうするのか?

 

では、さらにレベルが上がると、どんなことをすべきなのかが気になりますよね。それは、「次の行動を提示」することです。ただダメを出すわけではなくて、

「次にこれをやれば良くなるよ」
「こういうやり方にすれば良くなるよ」

ということを伝えられるかどうかということですね。

何度も言うように、粗を探してダメを出すのは、少し経験をしている人なら、誰でも簡単にできます。しかし、その粗を見つけて、次にどんなことをすれば改善できるかまでを提示できる人は多くありません。なぜなら、ある程度の知識や経験を持っていないと、正解に近しい道筋がわからず、提示のしようがないからなんですね。

でも、逆を言えば、それができるということは、相応のレベルにあるとも言えます。同じ仕事でも、真剣に取り組んできた人は、「どうすればもっと良くなるか」を考え続けています。今できないことでも、次にどんな行動をとればうまくいくかを常に探し続けているわけです。すると、自然と他の人の粗を見つけても、どんなことをすれば良いかが何となくわかるようになってきます。それを伝えることで、相手は次にやるべき行動が手に取るようにわかるため、成長のスピードがグンと上がります。だから、レベルの高い人の元では、人が育ちますし、次から次に頭角を表す人が出てくるのです。

そして、さらにレベルが上がってくると、自分で考えるべきことは自分で考えさせるようなやり方もできるようになってきます。それはまた、別のお話ですが。

ただ、他人の粗を見つけては、ダメを出して、満足してはいないでしょうか? そんなことは、実は誰にでもできることで、決して人を成長させられる行動ではありません。他人の粗を見つけたら、どんなことを伝えるか?ぜひ考えてみてください。

今日の質問です。

  • ダメを出すのが簡単で、次の行動を提示するのが難しい理由は何ですか?
  • 粗を見つけたら、次の行動を提示できるようにするためには、日頃からどんな意識が必要ですか?

image by: Shutterstock.com

販売力向上講座メールマガジンこの著者の記事一覧

様々な接客販売業で日本一の売上を獲得した販売員がお伝えする販売力向上の秘訣!
「もっと売れる販売力を身につけたい……」「スタッフへの指導について勉強したい……」など、接客販売力を向上させるために必要な事を毎日無料で配信中。

無料メルマガ好評配信中

この記事が気に入ったら
登録!しよう
『 販売力向上講座メールマガジン 』

【著者】 販売力向上講座メールマガジン 【発行周期】 日刊

印刷する

人気のオススメ記事

  • PR ねぇアタシって何点?知っておきたい、自分の将来の「可能性」
    ねぇアタシって何点?知っておきたい、自分の将来の「可能性」
    (株式会社J.Score)
  • ただ「ダメ出し」するだけじゃダメ。デキる人はどうするのか?
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい