ただ「ダメ出し」するだけじゃダメ。デキる人はどうするのか?

shutterstock_1150365758
 

「このやり方じゃダメだよ」と、思わず部下や後輩へ口にしてしまう「ダメ出し」。しかし、それは自分のレベルが高くないことを露呈しているようなものだと話すのは、無料メルマガ『販売力向上講座メールマガジン』の著者で接客販売コンサルタント&トレーナーの坂本りゅういちさん。今回のメルマガでは、レベルの高い接客員が「ダメ出しをせずに何をするか」について紹介しています。

ダメを出すのは簡単

ある程度、仕事ができるようになってくると、仕事の粗を見つけることができるようにもなります

「ここはこうした方が良いな」
「これはこのやり方じゃダメだな」

ということが、自然とわかるようになってくるのです。買い物に行ったり、食事に行ったりしても、

「この接客は良くない」
「こういう説明の仕方じゃあわかりにくい」

みたいな部分が見えるようになってきて、以前より、接客が気になり出すものですよね。私も経験がありますし、おそらく読者の方にも、経験がある方がいらっしゃるかもしれません。そしてこれが当然、普段の仕事の中、特に、人を教育している時に表れてきます。

「今みたいなやり方じゃダメだよ」
「そんな売り方じゃ売れるものも売れないよ」

粗が見えてしまうので、それを伝えようとして、知らず知らずのうちに、いわゆるダメ出しをしてしまいやすくなるんですね。

しかし、実は、ダメを出すのはとても簡単です。接客で言えば、少し接客業を経験することで、良い接客と悪い接客がどんなものかはわかるようになってきます。それをただ伝えるだけなので、自分ではよくわかっているつもりでダメ出しをしていても、本当は誰でも簡単にできることなのですね。こうしてダメ出しばかりやっている人は、「私は何が良いかわかっていますよ」というつもりなのでしょうが、実際のところは、大してレベルが高くないことを露呈しているようなものです。

印刷する

人気のオススメ記事

  • PR 財布にレシートぎっしり…ズボラ男にありがちなコンビニでの迷惑行動
    財布にレシートぎっしり…ズボラ男にありがちなコンビニでの迷惑行動
    (三井住友カード)
  • ただ「ダメ出し」するだけじゃダメ。デキる人はどうするのか?
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい