ねじれた「自由の国」。新聞各紙は米中間選挙をどう捉えたか?

uttii20181108
 

トランプ大統領の注目度もあり、我が国でもかつてないほど大きく報道された米中間選挙ですが、上院はトランプ氏率いる共和党、下院は民主党がそれぞれ勝利を収めました。この結果を新聞各紙はどう伝えたのでしょうか。ジャーナリストの内田誠さんが自身のメルマガ『uttiiの電子版ウォッチ DELUXE』で詳細に分析しています。

新聞各紙は米中間選挙の結果をどう伝えたか

ラインナップ

◆1面トップの見出しから……。

《朝日》…「民主下院奪還 議会ねじれ」
《読売》…「上院共和 下院は民主」
《毎日》…「下院は民主 ねじれに」
《東京》…「トランプ共和 下院敗北」

◆解説面の見出しから……。

《朝日》…「トランプ審判 白黒つかず」
《読売》…「再選 手応えと陰り」
《毎日》…「トランプ流 先鋭化も 米国第一 拍車に警戒」
《東京》…「内政運営に民主の壁 対外強硬策に拍車か」

ハドル

米中間選挙の結果に対する各紙の評価に焦点を当てます。前にもどこかに書きましたが、これまで、米中間選挙が日本でこれほど大きな話題に上ったことはありませんでした。良くも悪くもトランプならでは…ということでしょう。

トランプ氏は負けていない

【朝日】は1面トップの他、2面3面、7面に関連記事。10面に下院当選者の顔ぶれ、11面にも記事と識者の声、15面にはマイケル・ムーア監督へのインタビュー(朝日新聞と共同通信、毎日新聞が合同で行ったもの)。14面社説。見出しから。

1面

  • 民主下院奪還 議会ねじれ
  • トランプ氏 対立激化へ
  • 分断あおり独断専行 拍車か

2面

  • トランプ審判 白黒つかず
  • 共和 上院を優先 下院は見限る
  • 民主 対抗策得たが 決め手なし
  • 「反トランプ」郊外で 女性が
  • 長年の共和党員「今の路線」 ついていけない

3面

  • 「米国第一」継続へ
  • 対中関係 悪化に懸念
  • 通商 さらに強硬姿勢も
  • 交渉前 身構える日本

7面

  • ねじれ 日本への影響警戒
  • 米中間選挙 貿易摩擦深刻化か
  • NY株一時200ドル上昇
  • 日米交渉 難航の見方

10面

  • 民主下院躍進 多様な顔
  • 女性・イスラム教徒・先住民
  • 共和、「未来のオバマ」下す 上院

11面

  • 「労働者の街」変わる選挙風景
  • 「共和が選挙運動」それ自体驚き 民主牙城で前進

14面

  • 米中間選挙 民主主義を立て直せ(社説)

uttiiの眼

膨大な記事量があるので、要約も困難だが、中間選挙の結果に対する《朝日》の見方を一番良く示しているのが、2面記事の以下の大見出し。

トランプ審判 白黒つかず

今回の中間選挙が、いつも以上に「大統領に対する信任如何」という意義を持つことになったのは、トランプ氏が暴力的な政策の数々を積み上げてきたからで、米国社会は、そのトランプ氏を支持するか、否定するかで真っ二つに割れてきたということだ。

トランプ氏の選挙戦略は、少々奇妙なものだ。下院を早々に見限り、上院、それも大統領選でトランプ氏が勝利を得たフロリダ、オハイオ、ミズーリなど10州を徹底的に回ることだったという。さらに、中南米から米国を目指して北上する「移民キャラバン」を「犯罪者集団と呼んで危機感をあおるなどして、共和党は上院で議席を積み増すことに成功してしまった。トランプ氏は、自らツイッターに「ものすごい成功だ」と投稿したが、狙ったとおりの結果を得たわけで、決して「強がり」ではないと《朝日》は見ていることになる。

他方、民主は下院で過半数を確保し、共和党が強いと言われる「郊外」(都市と地方の中間)で女性候補が次々当選していった。これで「弾劾訴追の可能性が出てきたわけで、そもそも予算を伴う法案を通さなければ政権運営は行き詰まる。

では、選挙の結果が「白黒つかず」となったことで、この先、何が起こるか。この点で各紙の論調は比較的そろっていて、トランプ氏はいっそう分断をあおり独断専行を繰り返すやり方は、いっそう激しくなるだろうと見ている。《朝日》も1面のアメリカ総局長・沢村亙記者による解説の中で、「トランプ氏は『議会のせいで政策が実現しない』と責任を転嫁するはずだ」とし、「外交や通商では、支持層をつなぎとめようと、より保護主義的な政策に傾く可能性がある。強いリーダー像を演出するため独断専行の外交にも拍車が掛かりそうだ」としている。

《朝日》から全体に立ち上ってくるのは、トランプ氏の用意周到さと選挙戦術の巧みさだ。氏は勢いを駆って2年後の大統領選での再選を目指し、そのために求心力を高めるべく、熱狂的な支持層を中心にキャンペーンを張り続けるのだろう。

印刷する

人気のオススメ記事

  • ねじれた「自由の国」。新聞各紙は米中間選挙をどう捉えたか?
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい