ウクライナを見捨てるアメリカが、中国にすり寄る日本を見限る日

shutterstock_573054475
 

11月26日、ロシアとウクライナが領海を巡り海上衝突する事態が発生しました。2015年以降落ち着きを見せたかのように思われた両国の対立が何故今、再燃したのでしょうか。国際関係ジャーナリストの北野幸伯さんが、自身の無料メルマガ『ロシア政治経済ジャーナル』でその原因を探っています。

ロシア、ウクライナ軍艦を拿捕!!!

世の中には、「あの話って、いったどうなったんだっけ~?」というテーマがありますね。たとえば、シリア内戦。たとえば、IS。たとえば、ウクライナ問題。大いに盛り上がり、その後まったく話を聞かなくなった。

たとえば、ウクライナ問題は、今どうなっているのでしょうか?先日、久しぶりに大きな動きがありました。

露、ウクライナ艦船に発砲・拿捕 クリミア近海

産経新聞 11/26(月)16:15配信

 

【モスクワ=小野田雄一】2014年にロシアが一方的に併合したウクライナ南部クリミア半島近くの黒海北部海域で25日夜(日本時間26日未明)、ロシアの沿岸警備艇がウクライナ海軍の艦艇に発砲し、3隻を拿捕(だほ)した。これに対し、ウクライナは同国東部の親ロシア派武装勢力が実効支配する地域に大規模砲撃を実施。両国間の緊張が一気に高まった。

ロシアがウクライナの軍艦に発砲し、3隻を拿捕した。ウクライナは親ロシア派支配地域に大規模砲撃し、報復した。これだけだと、なんのこっちゃわかりませんね。

ロシアーウクライナ関係の流れ

簡単にこれまでの流れを振り返っておきましょう。

2014年2月ウクライナでクーデターが起こりました。そして、「親ロシア」ヤヌコビッチ政権が倒れた。クーデターによって誕生した新政権は親欧米反ロシア。彼らは、「クリミアからロシア黒海艦隊を追放し、(ロシアの敵)NATO軍を入れる!」などと主張しはじめた。

それで、プーチンは激怒2014年3月クリミアをサクッと併合しました(住民投票が実施され、97%が、ロシアへの併合を支持したとされている)。これで、欧米日本はロシア制裁を発動。制裁は、今もつづいています。

2014年4月、ロシア系住民が多いウクライナ東部ルガンスクドネツクが独立を宣言。ウクライナ新政権は、当然これを認めず、内戦が勃発しました。

ここまでは皆さんご存知ですね。その後、いつの間にか話を聞かなくなりましたが。どうなったの?

クーデターから1年後の2015年2月、「ミンスク合意2」が成立しています。これは、ロシア・プーチン、ウクライナポロシェンコ大統領、ドイツ・メルケル、フランス・オランドによる「停戦合意」です。これで、一応ウクライナ内戦は、落ち着きました。

その後もゴタゴタはつづいていますが、大規模な内戦は再開されていません。ところが…。

印刷する

人気のオススメ記事

  • ウクライナを見捨てるアメリカが、中国にすり寄る日本を見限る日
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい