笑え。片岡鶴太郎は「男の更年期障害」をいかにして克服したか

chichi20190110
 

人生には3つの坂があります、上り坂・下り坂そしてまさかです。常に順風満帆とはいきません。それは、今をときめく有名人も例外ではありません。今回の無料メルマガ『致知出版社の「人間力メルマガ」』では俳優で画家でもある片岡鶴太郎さんが体験した更年期障害や芸術活動でのスランプを通じ、人生の壁を乗り越えるヒントについてわかりやすく解説しています。

「絶対大丈夫。笑え、笑え、笑え」

お笑いから演劇、ボクシング、絵画、ヨーガと活動の領域を次々と広げつつも、第一線で活躍し続ける片岡鶴太郎さん。常に自分を勇気づけることで前進する姿勢に生き方のヒントを学びます

気韻生動 片岡鶴太郎(俳優/画家)×朝倉千恵子(新規開拓社長)

朝倉 「片岡さんもこれまでいろんな試練に直面してこられたと思うんですけど、どのようにして乗り越えてこられましたか

片岡 「最近は女性ばかりでなく、男性にも更年期障害があるって話題になっていますけど、僕も50歳になる手前には、心身ともに弱ってきて鬱々とした気持ちが続いていた時期がありました。

とにかくすべてにおいて否定的、悲観的になってしまって、何か虚しいんですよね。ジムに行って無心に体を動しても、お風呂でひと息ついていると『あとは帰って寝るだけか……』と、また寂しさや虚しさがこみ上げてくる。

そんな時には、朝倉さんもおっしゃっていたけど、自分で自分を励ますしかないんですね。

『おまえ何やってんだ。そんな暗い顔をしてる場合じゃないだろう。こんな気分の中にも大事な気づきがあるんだから、いまがチャンスだ。恵まれてるんだ。絶対大丈夫、絶対大丈夫、絶対大丈夫。笑え笑え笑え』って。

そうやって自分を勇気づけ続けていると、だんだんそういう自分になっていくんですね」

朝倉 「それはとても大事なことですよね」

片岡 「それから、絵を描いていると、必ず1回か2回ドツボにはまる時があるんです。もう八方ふさがりで、どうしても筆が前に進まない。描きかけの絵を破り捨てて新しい紙に向かっても、結局同じところで躓くんです。だから1回手をつけたら、どんなに無様で格好悪かろうと、せめて判定勝ちするくらいまではこの紙から離れない。ボクサーが一度リングに入ったら、どんなに倒されてもリングから降りまいとするように、絵を描く前はいつもそうやって覚悟するんです。

そしてドツボにはまりそうになったら、『あっ来た。ここが正念場だ絶対に絶対に道は開ける』って自分に言い聞かせるんです。だって心の中のシードが僕に描けって言ってくれているんだから。天が僕の絵が完成するのを願っているんだから、絶対どこかに灯りが見えてくるはずだって。そうやって奮闘していると、ここにちょっと色を差してみようとふと閃いて、そこからザザザッと道が開けたりするんです。

印刷する

人気のオススメ記事

  • 笑え。片岡鶴太郎は「男の更年期障害」をいかにして克服したか
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい