「9割の人が成功する魔法習慣」という本を読んでも成功しない訳

shutterstock_519514492
 

ビジネス書に冠された魅力的なキャッチコピーの数々は、「読めば本当に成功するかも」と思わせるものばかりですが、残念ながら、そう簡単にはいかないようです。今回の無料メルマガ『ビジネス真実践』では著者で人気コンサルタントの中久保浩平さんが、「90%以上の人はうまく行かずに成功法則難民になる」とした上で、本当に成功するための秘訣をレクチャーしてくださっています。

コンサルタントがいう成功法則や魔法の言葉とは?

「一瞬で売上が伸びる法則」
「成約率が10倍!魔法のフレーズ」

などなど、一見するととても魅力的なキャッチコピー。こうしたコピーが書籍のタイトルになっていることがよくあります。あなたもネットや書店でたくさん目にしてきたことでしょう。

このようなコピーやタイトルには、ワクワクするし、ついついその本や情報を入手してしまう、という方も多いのが現実です。そして、実際に書かれている内容も体系立てられたものや感情を揺さぶるようなフレーズがずらりと並べられています。

ほんとにこのとおりにやれば上手くいきそう!

なんて風にテンションも上がります。そして「自分に当てはめよう」とします。さらに、当てはめることで期待値が高まります。

ですが、実際にやってみるとわかりますが、そうそう簡単に上手くいくものではありません。90%以上の人は上手く行かないのです。そして「他にないか?」とまた同じようなフレーズの本や情報を探しさまようようになります。

いってみれば、成功法則難民です。これこそが、思うツボなのです。

みんながみんな上手く行ったら、そのような類の本や情報は1つで良いはずですから、難民向けに次から次に同じようなコピー、タイトルのものがが溢れ、売れるのです。

逆にいえば、難民は、同じような類のものを次から次へ求め無駄な時間とお金をどんどんと注ぎこんでしまい挙句自分にはなんの成長や学びにもならないということに気がつかないのです。かつての僕がそうだったように…。

つまり、法則とか方程式、魔法という言葉を使うのは、出版社、販売者、情報提供者側が、売れるからそうしたタイトルやコピーにしているだけ。それ以上でも以下でもありません。従って、法則や方程式、魔法などというものはあくまで他人のものである、と割り切っておくことです。売り手による魔法の言葉であると肝に銘じておくことです。

よしんば、法則や方程式に当てはめて上手く行っても所詮、そこまでか一過性で終わるかがオチです。それ以上の成功を手にすることはできません。みんなやっていることですから、まだまだ他の人と同じレベルです。抜きん出た成功を手にすることはできません。

印刷する

人気のオススメ記事

  • PR ねぇアタシって何点?知っておきたい、自分の将来の「可能性」
    ねぇアタシって何点?知っておきたい、自分の将来の「可能性」
    (株式会社J.Score)
  • 「9割の人が成功する魔法習慣」という本を読んでも成功しない訳
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい