反韓にシフトできぬ日本が、韓国に「核兵器」で脅される日

 

日露平和条約交渉

安倍首相がモスクワでプーチン大統領と首脳会談をしたが、何も成果がなく終わった。2島返還も難しいことが日本国民にも分かったはずである。そして、ロシアにいくら経済協力しても無駄であることも分かった。ロシアは戦争で手に入れた領土を返さない。

ロシアとの友好関係は、中国の強大化を相互にけん制する必要からの政策でもあったが、安倍首相が国民に2島返還ができると思わせたことでおかしくなった

永田町では2島返還で衆参同時選挙を目論んだが、ロシアの返還しないというメッセージで無理になった。

日韓関係の悪化と日本の安全保障

韓国の反日は明確になった。これに対して、日本の対応が中途半端な状態である。米国から米韓日の連携を求められて、日本は韓国制裁に動けない状態になっている。

韓国の反日がある限り、日本も反韓にシフトしないと、韓国の日本軽視は一層過激化することになる。

そして、米国の国益だけを考えるトランプ大統領は、北朝鮮との合意を目指して、核廃棄ではなく核有りでの関係正常化を目指すことにシフトする意向のようである。ということで、この状態で朝鮮統一になると核の脅威が迫ることになる。

そして、韓国も核保有国化して日本に核での恫喝をしてくることになる。このように、安倍外交の失敗が明らかで、強く出ない日本の穏便外交と優柔不断な外交が危機を大きくしている。

韓国の仕打ちにも対応できないことで、日本の優柔不断さが世界に知れ渡り、日本軽視の風潮にもなる。米国の自国優先主義を日本は無視するのが大きな失敗の原因である。米国依存の安全保障体系を変える必要が差し迫っていると心得ることだ。

今までの世界の構図から大きく変化しているのに、日本がその変化を機敏に見て構図を変えないことで、外交が失敗続きになっている。プーチン大統領が、日本は独立していないとしたが、その大きな問題が日本外交を失敗に導いている。

そして、今後、経済危機と存立危機の両方が日本を襲うことになる。それも日月神示に示されている。荒唐無稽な話と見ていたが実現化する。

print

  • 反韓にシフトできぬ日本が、韓国に「核兵器」で脅される日
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け