「お茶くみは女性の仕事」の意識が招いた少子高齢化社会ニッポン

 

私は、実は、区議会議員として何もできなかったと思うの方が強くて、あまり、当時のことは思い出さなかった(思い出さないようにしたいた)のですが、記事を送って頂いて、そうか、ほんとうに小さな種まきでも少しは世の中をよい方向に変えるのに役立っていたのかも…と純粋にうれしく思いました。

そして、記事を読んで、議場の様子がよみがえってきました。そこにいらっしゃる大物?議員さんたちに、思わず、「この時に、女性が子育てと仕事を両立できる社会を本気で目指していたら少子化は今ほどにはならなかったはずよ!今の少子化問題をどう思うの?」と言いたい気持ちになって、はっと気が付きました。もうどなたも、この世にはいらっしゃいません。次の時代は、次の時代を生きる人たちが中心になってつくっていかなければ、道をあやまるのです。

そして、もうひとつ、自分が今できることを具体的に行動に移すことに意味がある、ということを教えてくれたのは、このとき、いっしょに活動した賢く、強い、女性議員の方々だった…と。

ひとつの記事から、様々な思いがよみがえりました。たまには、過去を振り返るのもいいですね。

image by: Shutterstock.com

廣田信子この著者の記事一覧

マンションのことなら誰よりもよく知る廣田信子がマンション住まいの方、これからマンションに住みたいと思っている方、マンションに関わるお仕事をされている方など、マンションに関わるすべての人へ、マンションを取り巻く様々なストーリーをお届けします。

無料メルマガ好評配信中

この記事が気に入ったら
登録!しよう
『 まんしょんオタクのマンションこぼれ話 』

【著者】 廣田信子 【発行周期】 ほぼ 平日刊

印刷する

人気のオススメ記事

  • PR ねぇアタシって何点?知っておきたい、自分の将来の「可能性」
    ねぇアタシって何点?知っておきたい、自分の将来の「可能性」
    (株式会社J.Score)
  • 「お茶くみは女性の仕事」の意識が招いた少子高齢化社会ニッポン
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい