【書評】人口減少は危険?国民の危機感を煽って得するのは誰か

[0601_creater]
 

今後の日本は少子高齢化がますます進み、年金制度など社会保障が立ち行かなくなる…。メディアや世間を騒がすそんな「不安」を全否定するのは、元財務官僚であり経済学者の高橋洋一氏。今回の無料メルマガ『クリエイターへ【日刊:デジタルクリエイターズ】』では編集長の柴田忠男さんが、高橋氏が人口減少危機論は日本社会に危険をもたらさないとする理由を綴った一冊をレビューしています。

偏屈BOOK案内:『未来年表 人口減少危機論のウソ』

61laCp4T4nL

未来年表 人口減少危機論のウソ

高橋洋一 著/扶桑社

世間で騒がれているのが「少子高齢化で人口減少時代に突入するから日本は大変なことになる」という虚構である。2017年6月に出版された河合雅司『未来の年表』が45万部の大ベストセラーになり、類似本がいくつも出た。元ネタは国立社会保障・人口問題研究所による「日本の人口は2065年に約8,800万人にまで減少する一方で高齢者の割合は4割近くに上昇する」という推計である。

「人口減少危機論=人口増加幸福論」なるものを支持する「世間」とは、主に地方公共団体の関係者だと著者は見ている。人口減が進んで自治体が合併するとポストが減る。リストラで職場を失うかもしれない。自己保身的な危機感から人口減少危機論を支持する。約274万人いる彼らと、その家族を含めて1,000万人近くの関係者がいる。天下りした元公務員を含めればもっと増える。

人口減を煽るのはコメンテーターとかいう輩で、何でも人口減が原因と言っておけば済む。誰も傷つかない方便である。出生率は確かに低下している。その要因はまだ正確には解明できていない。本当の危機とは「想定外」の事態であり、人口問題についてはいまのところ「想定内にとどまる。「未来の年表」にあるような問題点のほとんどは「特に問題はない」の一言で片付いてしまう。

print

  • 【書評】人口減少は危険?国民の危機感を煽って得するのは誰か
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け