知らないところで恥かいてる。「通常通り」は間違いという衝撃

shutterstock_443687305
 

「お体ご自愛ください」「関係者各位様」「故障中」「通常通り」などの言い回しは、ビジネスメールなどで普段何気なく使っていることが多いものです。ところがこれらを「すべて間違っている」と指摘するのは、無料メルマガ『神垣あゆみメールマガジン』の著者・神垣あゆみさん。神垣さんは今回の記事で、なぜ間違っているのか解説するとともに、正しい表現を紹介しています。

間違いやすい言葉 お体ご自愛ください

暑中見舞いや残暑見舞いの最後に添える一文に

お体ご自愛ください

とありますが、「自愛」というのは「自分自身を大切にする」こと。つまり、「ご自愛くださいだけでお体に気をつけてくださいねという意味合いが含まれています

ですから「お体」の代わりに

暑さの折ご自愛ください
くれぐれもご自愛ください

とするか、「ご自愛」を使わず

暑さの折お体を大切に

と結ぶこともできます。これに関連して、うっかり書いてしまいがちなのが「連日暑い日が続きますが」です。

この一文は「連日」と「暑い日」の「日」、「連日」と「続きますが」という同じ意味の言葉が重なっていますね。

「暑い日が続きますが」
「連日暑いですが」

に「ご自愛ください」が続くと、結びの文として収まりがいいです。

もう一つ。メールや手紙、文書関連でよく目にするのが「各位殿」「各位様」。当メルマガでも何度か取りあげましたが、「各位で敬称を表すので、「殿は不要です。「関係者様各位」としなくても「関係者各位」で敬称を表します。

間違いやすい言葉  通常通り

自動販売機の張り紙で見かける「故障中」。「故障」は、機械などに不調が生じ、円滑に働かなくなるという“状態”を示す言葉なので、その状態にあることを表す「中」と意味が重なります。ですから、「故障とすればよく本来は不要です。

上記のように“状態”を表す言葉として「通常通りも意味が重なる言葉ではないか、と読者のかたから質問をいただきました。

辞書で意味を調べると「通常」は、特別の事情がなく、いつもどおりであることを表す、とありました。「通常通り」の「通り」は、そのままであることを表します。

「通常」自体に「いつも通り」という意味合いが含まれるので、「通常通り通りは意味が重複していることになります。

「通常通り営業しております」という一文は「通常と変らず営業しております」または「いつも通り営業しております」「平常通り営業しておりますと書き換えるのが適切ではないでしょうか。

image by: Shutterstock.com

神垣あゆみこの著者の記事一覧

仕事上手はメール上手! 「ご返事」「お返事」どちらが正しい?
メールで間違いやすい敬語の使い方は? など、気になるビジネスメールの基本やマナーをご紹介。2005年1月創刊、まぐまぐ大賞「ビジネス・キャリア部門」入賞。「迷わず書けるメール術」など、メール対応関連の著書8冊刊行。

無料メルマガ好評配信中

この記事が気に入ったら
登録!しよう
『 神垣あゆみメールマガジン 』

【著者】 神垣あゆみ 【発行周期】 平日日刊

印刷する

文中に紹介されている価格については、掲載日時点のものとなります。実際の価格は購入先ページでご確認ください。

人気のオススメ記事

  • 知らないところで恥かいてる。「通常通り」は間違いという衝撃
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい