安倍政権がまた迷走。「Go To」キャンセル料補償でネットは怒号

2020.07.20
2017
by 編集部サトシュウ
スクリーンショット 2020-04-10 11.00.00
 

政府は観光支援事業「Go To トラベル」の対象から東京都発着の旅行を除外した対応を巡り、キャンセル料を補償する方向で調整に入った。菅義偉官房長官は20日の記者会見で明らかにした。安倍政権の肝いり政策がまたふらふらと迷走を始めたようだ。

「Go To トラベル」キャンセル料を補償する方向で検討

「Go To トラベル」をめぐっては、対象から東京を外したことで批判が続出。赤羽国土交通大臣は17日の会見で、東京除外に伴うキャンセル料について国は補償しない考えを示していたが、与党内からも疑問の声が上がり、政府は対応を迫られていた。

補償をめぐっては、自民党の岸田文雄政調会長が19日、記者団に「検討を始める動きがあると聞いている」と発言し、対応を協議していることを示唆。

20日付の時事通信によると、菅氏が「『実態を把握した上で必要な対応を早急に検討する』と強調。22日のキャンペーン開始までに判断する方針を明らかにした」と報じている。

肝いり政策また一転。迷走を続ける安倍政権

キャンペーンの開始まであと2日。この期に及んでとんでもないドタバタ劇だ。旅行代理店にはキャンセルの電話やメールが殺到。「Go To トラベル」で売り上げが戻ることを期待したものの、それどころか売り上げは減り、キャンセルは増えるという完全な逆効果となっている。

東京都発着の旅行除外がいつ解除されるのか、また大阪や北海道など、東京以外の道府県も除外される可能性もあるため、もし政府がキャンセル料を補償するとなれば、かなりの金額が必要となりそうだ。

あまりにも政府の対応が悪すぎる。いくらでも抜け道があるだけではなく、「キャンセル料補償」を悪用しようと考える人たちも出てきかねない。残り2日間で政府はどのような方法を提示するのか。4連休は目の前だ。

Twitterの反応

また税金ですか…。
マスクといい、Go To キャンペーン、更にその補償まで?
見切り発車も大概にしてよ。#血税

— ヒスイカズラ (@G1Fvg6StF9Tr7Mu) July 20, 2020

Go toキャンセル料補償するくらいなら最初から旅行業に補償しなよ。

— 飛べないだや (@dayadanyan23) July 20, 2020

キャンセル料を補償するのは旅行者じゃないから。ホテル等の事業者、つまりお店だから。

Twitterを見る限りGo Toキャンセル全額補償について誤解してる人多そうです。 https://t.co/FQFYe8AyRI

— 伴 和馬/Ban Kazuma (@22kazuma224) July 20, 2020

Go Toキャンペーンやるのは良いけどさ、もう少し落ち着いて混乱さないように発表しなよ
キャンセル料の補償もやむを得ないと思うけど、何で俺が他人の旅行キャンセル料を払わないといけないんだよ

— Hiro_Chu (@CHU_161) July 20, 2020

Go toキャンペーンのキャンセル補償いらなくない?それより飲食とかもっと困ってる人達に補償したほうが良いのでは

— ゆきなし (@_yukitans_) July 20, 2020

Go Toキャンセル全額補償するなら
緊急事態事態宣言で結婚式キャンセルした俺らにもキャンセル料補償しろよって思うわ

まだまだ延期にして多額のキャンセル料払わないといけない人いるだろうにグダグダすぎて腹立ってくるわ

— たっちゃん@cbr600rr (@tatsusan103) July 20, 2020

政府の決めたGO TOのキャンセル料補償だけど、多くの予約を受けてるところはほど多額の補償を受けられる可能性でてくるんだけど、それならあまり予約入ってないところも今から知り合いとかに頼んでたくさん予約して後でキャンセルしてもらえばいいってならないかな・・・

— Toru S. (@Toru_S) July 20, 2020

※本記事内のツイートにつきましては、Twitterのツイート埋め込み機能を利用して掲載させていただいております。

source : 時事通信

image by : 首相官邸

print
いま読まれてます

  • 安倍政権がまた迷走。「Go To」キャンセル料補償でネットは怒号
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け