扶養されていた妻が死亡したら、夫と子に遺族年金は給付されるか

 

まず妻が死亡するまでの年金記録を見ないといけませんが、未納以外の有効な年金記録が302ヶ月間(25年以上)あるのでここは問題ない。死亡日の前々月までの記録で3分の1を超える未納が無い事という条件があるが、そもそも300月以上(25年以上)ある人は過去の未納がどのくらいあるかとかは見ない。

次に妻死亡時は被扶養者として国民年金第3号被保険者であり、18歳年度末未満の子が居るので夫に支給されるのは国民年金からの遺族基礎年金。

じゃあ過去の56ヶ月間の厚生年金記録の分は支給されるのか。この厚生年金分は妻の有効な年金記録が25年以上あったから貰う事が出来るし、夫が55歳以上だったから貰う権利を取得する事が出来る。

  • 夫が貰う遺族厚生年金額→30万円×5.481÷1,000×56ヵ月÷4×369,061
  • 夫が貰う国民年金からの遺族基礎年金→781,700円(令和2年度価額)+子の加算金224,900×2人=1,231,500

参考

平成26331日までの妻死亡の場合の遺族基礎年金は夫には貰う権利が発生しなかった。平成2641日以降の死亡から年金改正で夫も貰えるようになった。


よって、夫が貰う遺族年金総額は遺族厚生年金69,061円+遺族基礎年金781,700円+子の加算224,900×2人=1,300,561円(月額108,380円)。

その後は、夫が58歳になると上の子が18歳年度末を迎えて、244,900円減額して総額が1,098,681円となり、夫が59歳の時に下の子が18歳年度末を迎えると遺族基礎年金そのものが消滅して遺族厚生年金のみとなる。

ただし、59歳の時は遺族厚生年金自体も全額停止になる。なぜなら本来は夫が貰う遺族厚生年金は妻死亡時に55歳以上という条件とは他に、支給自体は60歳という制限が設けられているから。でも高校生を卒業する前の子が居て、遺族基礎年金が支給されていたので例外として60歳未満でも遺族厚生年金が一緒に支給されていた。その後、夫が60歳に到達するとその翌月分から遺族厚生年金が復活する。

というわけで、見た目は死亡者が扶養されていたような感じですが、遺族年金貰う人の前年収入や死亡時点の同居の有無(別居でも音信や訪問があったとか何か正当な理由があるものはOK)、死亡者の年金記録がどうなのかを見た上で支給されるかどうかを判断する。

追記

遺族基礎年金が支給される場合は遺族年金生活者支援給付金(年額60,360円)が支給されますが、前年所得が4,621,000円+扶養親族1人につき38万円加算を超えていたから支給されなかったものとしています。

image by: Shutterstock.com

年金アドバイザーhirokiこの著者の記事一覧

年金アドバイザーのhirokiと申します! 年金は国民全員にとってとても身近なものであるにもかかわらず、なかなかわかりづらくてなんだか難しそうなイメージではありますが、老齢年金・遺族年金・障害年金、その他年金に関する知っておくべき周辺知識をご紹介します。 最新情報も随時お届けしています。 ※まぐまぐ大賞2016「知識・ノウハウ部門」2位受賞、2017年まぐまぐ大賞メディア部門MAG2NEW賞12位受賞、2018年まぐまぐ大賞知識ノウハウ部門5位受賞。 まぐまぐ殿堂入りメルマガ。

無料メルマガ好評配信中

この記事が気に入ったら登録!しよう 『 年金アドバイザーが教える!楽しく学ぶ公的年金講座 』

【著者】 年金アドバイザーhiroki 【発行周期】 不定期配信

print
いま読まれてます

  • 扶養されていた妻が死亡したら、夫と子に遺族年金は給付されるか
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け