事前リークに3つの説。安倍首相の病院入り「単なる検査」は本当なのか?

2020.08.17
333
by gyouza(まぐまぐ編集部)
shutterstock_401825020
 

安倍晋三首相が17日、東京・慶應大学病院に入ったと、共同通信などが報じている。首相周辺は「通常の健康チェックだ」と話しているという。しかし前日の16日には、某巨大ネット掲示板上に「明日首相入院 総理辞任?」という書き込みが投稿されており、真偽は不明だが事前リークでは?とネット上で大きな話題となっている。最近では「吐血情報」が流れたり、体調の悪化が囁かれたりしている中での病院入りで、さまざまな憶測を呼んでいるようだ。

①本当に単なる「検査」という見方

自民党の青山繁晴参院議員は17日午前、自身のブログに「安倍総理は検査入院だと聴いています」と題したエントリーを投稿。

安倍総理が午前10時半から、慶應病院に入院されますが、政権中枢からは「検査入院」と聴いています。最近にお話ししたときは、きわめて快活にお元気でした。また8月15日の全国戦没者追悼式では、たいへんしっかりした様子でした。そのうえで、静かに見守ります。

関係者からの話で「検査入院である」と明かしている。しかし、身内である自民党関係者が「重病だ」「入院だ」という情報をそのまま明かすはずもなく、本当に健康チェックのための病院入りであるかどうかは真偽不明のままだ。

②わざわざ病院に行くのは深刻という見方

また、ネット上では「わざわざ病院に行くからには、いよいよ体調が悪化している証拠では?」との見方も浮上している。確かに、簡単な診察やチェックであれば、秘密裏に首相官邸や一流ホテルの中でもできる可能性はある。かかりつけである慶應大学病院へ出かけたということは、病院でなければ検査できないような症状などがあったと考えても不思議ではない。安倍首相は、難病である「潰瘍性大腸炎」を患っていることを以前から公表しており、第一次安倍内閣も、潰瘍性大腸炎の悪化によって退陣したことを明かしていた。

【関連記事】安倍首相に「吐血」報道。官房長官否定も、持病悪化で退陣の過去

print
いま読まれてます

  • 事前リークに3つの説。安倍首相の病院入り「単なる検査」は本当なのか?
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け