MAG2 NEWS MENU

「#竹中平蔵つまみだせ」の声に本人も戦々恐々?非正規激増の戦犯に高まる批判

「#竹中平蔵つまみだせ」というハッシュタグがツイッターでトレンド入りし、竹中平蔵氏への批判が続いている。現在は人材派遣大手「パソナ」グループの会長を務め、菅政権のブレーンでもある竹中氏になぜ今、非難が集中しているのか?

街に溢れる「#竹中平蔵つまみだせ」の怨嗟

竹中氏が小泉純一郎政権で総務大臣を務めた際、菅首相が副大臣となったことから、“主従関係”にあった2人。それだけに関係性は深く、菅首相は現在も頻繁に竹中氏と会い、経済政策について教えを受けている。

政治の世界から離れたはずの竹中氏が、菅政権の「成長戦略会議」の民間議員として多くの政策提言をし、いまだに影響力を保ち続けていることに、ネットからは批判が殺到。「こんな日本に誰がした」「マジでいらない」「国民を舐めるな」などの声が上がっている。

竹中氏をめぐっては、新型コロナウイルスによる営業自粛を余儀なくされた事業者に給付される「持続化給付金」制度で、業務委託を実質的に請け負った企業がパソナであり、その会長が竹中氏であることから、政府とパソナの間に“クロいカネの流れ”があるという見方がある。
【関連】竹中平蔵氏に逃げ道なし。元国税が暴くパソナと政府間「黒いカネ」の流れ

この疑惑について、元国税調査官の大村大次郎氏は、「この世の中にこんなやつがいるのかと思うと気分が非常に落ち込む」としたうえで、「絶対に逃げ道の無い、明確なパソナと政府の利益相反」が存在すると指摘。「政府の助成金が、リストラしたい会社を経てパソナに流れる仕組みとなっている」と痛烈に批判している。

また竹中氏は、10月30日に出演した「朝まで生テレビ」(テレビ朝日系)で格差問題に関連し、「正規雇用と言われるものはほとんど首を切れない。それで非正規雇用をだんだん増やさざるを得なかった」と発言し炎上。雇用者を使い捨てのように扱ったことで物議を醸した。

現在、ツイッターでは「#竹中平蔵つまみだせ」以外にも、「#竹中平蔵は政治に関わるな」「#竹中平蔵ろくでもない 」「#竹中平蔵に殺される 」「#竹中平蔵を太陽系から排除しよう」などのハッシュタグが拡散。

非正規が増えたのは、竹中氏の責任だとする論調が多く、「竹中平蔵の罪は重い」「竹中平蔵が悪魔に見える」「もう政治と関わるな」など、ネット上には怒りのツイートがあふれ返っている状況だ。

一方、竹中平蔵氏のTwitterは2020年8月29日以来、更新をストップしている。かねてより住民税脱税疑惑が囁かれていた中での今回の騒動。釈明のしようがなく嵐が通り過ぎるのを待っているのか、「しょせんネットで貧乏人たちが騒いでいるだけ」と高をくくっているのか。元国税調査官が「ほぼクロ」と断言する竹中氏の“悪行”が、断罪される日は本当にくるのだろうか。

【関連】元国税が暴く竹中平蔵氏の住民税脱税疑惑「ほぼクロ」の決定的証拠 – まぐまぐニュース!

※本記事内のツイートにつきましては、Twitterのツイート埋め込み機能を利用して掲載させていただいております。

image by: ウィキメディアコモンズ

print

シェアランキング

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
MAG2 NEWSの最新情報をお届け