すれ違いざまに女性を殴った公認会計士の男逮捕。実在した「#わざとぶつかる人」に怒りの声

2021.12.02
340
by gyouza(まぐまぐ編集部)
shutterstock_670049824
 

東京・池袋駅の地下通路ですれ違いざまに女性の顔を殴ったとして、公認会計士の男が再逮捕されたと、毎日新聞NHKなど複数のメディアが2日に報じている。

傷害の容疑で逮捕されたのは原田竜平容疑者(23)で、11月27日夜にも同じく池袋駅近くの路上で別の女性にひざ蹴りをしたとして暴行容疑で現行犯逮捕されていた。この27日の事件直前にも、同駅周辺で通行人の女性が体当たりされ、顔面を打つ怪我を負った傷害事件があり、警視庁池袋署が関連を調べているという。

この一件で思い出すのが数年前よりTwitterなどのSNSで話題となっていた「#わざとぶつかる人」というハッシュタグだ。すれ違いざまに女性だけを狙って肩の辺りに体当たりする男の動画が出回り、実際に目撃した人や、被害に遭った女性による告白が相次ぎ、社会問題として注目されていた。

実際に、この「#わざとぶつかる人」というハッシュタグでTwitterに検索をかけてみると、撮影された動画や、実体験などに基づく目撃情報、被害情報が多くヒットする。筆者も2年ほど前に、池袋駅のJR線の改札内にある乗り換え用通路で、似たような行為をして立ち去る男を目撃した。あれがワザとなのか偶然なのかは今となっては分からないが、こうした卑劣な行為を繰り返す人物が実在していることだけは確かだ。


今回の原田容疑者の逮捕によって、以前から話題となっていた「#わざとぶつかる人」が実在することが証明されたことに、ネット上では怒りの声が多く投稿されている。

print
いま読まれてます
 

  • すれ違いざまに女性を殴った公認会計士の男逮捕。実在した「#わざとぶつかる人」に怒りの声
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け