【しくじり大魔王】アフリカ到着もボッタクりに遭い早くもピンチ!

IMG_6379
 

『ママチャリで日本一周中の悪魔』こと大魔王ポルポルさん。日本一周の旅を終え、愛知県まで出向いてうずらの卵で作った極上プリンに舌鼓を打っていたと思ったら、いつの間にか昨年末にアフリカ横断の旅へ出発していました。しかし、エジプトに到着した直後、さっそくボッタクリ被害に遭うという「しくじり」の数々をやらかしていたようで。。。

アフリカに到着した大魔王が、まさかの「しくじり」。エジプトで大金をボッタクられ早くもピンチ !

ガッハッハッハッハ!!大魔王ポルポルだ。

D8AAA663-6AF1-4069-BBB8-B40AC4245C31 copy

新年あけましておめでとうである。去年の暮れに無事にアフリカのエジプトに到着したのだ。早速だが、我輩から新年早々、重大発表があるぞ。それが、これだ。

 

8万円、ぼったくられました

 

IMG_6369

いつものような真っ白の顔と違う顔で申し訳ないのですが、そうです。初の海外旅行でエジプトに来て、滞在2日目で8万円ぼったくられました。

厳密にいうと、8万円ぼったくられて海外保険が効くのか調べているところです。

治安がクソ悪いので、周りからは「白色の顔は絶対にやめろ!!わかったな!」と、忠告を受けたのでエジプトでは「仮の姿」で行動しています。しかし、8万円とられてしまったので、そんな白塗りだろうが何だろうが、正直、ドーデモよくなってます。

今回は新年を迎えたばかりなので、みなさんに知ってほしいことがあります。我輩のしくじりと反省と共に2017年を迎えようと思います。皆さんに知ってほしいこと、それは、

お金は大事にしよう」ということです。

我輩のとられた8万円には、クラウドファンディングで集めたお金も含まれています。なので、この事件は非常に申し訳ないことをしたと反省をしています。8万円はさすがに大きいです。

しかし、8万円とられて分かったこともあります。それは、「命が金で買える場面に直面したら即座に買うこと」。これは、今後、我輩だけでなく皆さんにも起こりうることなので、皆さんにも我輩の「しくじり」を知ってほしいと思います。

大魔王ポルポルの2017年は反省と懺悔から始めます

我輩が、エジプトに降り立ったのは2016年12月27日。首都カイロにある、カイロ空港に着くと、この国はアラビア語圏でした。当然、我輩は英語が分かりません。なのにアラビア語なんて尚更わかりません。

IMG_6333

右も左もわからないまま、カイロを彷徨っていました。エジプトは空港でビザが取れるので、そのビザを取得して入国したのですが、ここで最初のしくじりを犯してしまいます。それがコチラ。

しくじり1:『空港からホテルまで適当にタクシーに乗ってしまった

これはもう自殺行為です。はっきり言ってやめた方いいです。アメリカのドラマ『プリズンブレイク』みたいな世界が待っています。しかし、アラビア語圏で右も左もわからないまま、不用心にもタクシーに乗ってしまったのです。

なぜ、やめた方がいいのかというと、エジプトではタクシーのお金は交渉次第。乗ってる時間が長いほどお金がかかるし、空港からのタクシーだと「こいつはドル札しか持っていない」というのを彼らはわかっているんです。

エジプトでは1ポンド7円。1ドルが115円くらいなので、タクシーに乗って「ワンダラー(1ドル)」と言われれば、ワンダラー払わなくてはいけません。

でも、エジプトのタクシーは80円程度で相当長い距離を移動できます。なのでワンダラーはボッタクってます。

我輩がこのとき言われたのは、「ワンハンドレッドダラー(100ドル)」。つまり、日本円で1万円。

タクシーに乗った瞬間、コレを払わないとどうなるか分かりません。でも、我輩も英語が全くわかってなかったので、20ダラー(2000円くらい)出して、リターンプリーズといいました(リターンプリーズとは、英語が分からないなりの「お釣りをくれ」という意味でした)。

すると、タクシーの人は喜んで、「マイフレンド」と言ってホテルまで案内をしてくれました。

正直に言うと、タクシーの物価に対して、20ダラーも払う必要がないので、彼は喜んだんでしょうね。これが最初のしくじりです。カイロに来てわずか15分でボッタクられました。

さてさて、無事にホテルについて、グッスリ眠り、初海外旅行2日目です。

IMG_6362

2日目はホテルを出て、また違うホテルに移動しようとしていました。「エジプトだし、ピラミッドでも見に行こうかなぁ~」なんて考えていたりもしています。

昨日、タクシーでのぼったくりの反省を生かして、「Uber」というアプリで移動しようとしていました。

「Uber」とは、クレジット決済できる配車アプリです。車もきれいでぼったくられることもありません。次のホテルまで80円程度でした。

そして、またUberで車を呼ぼうとしたら、我輩に「ヘーイ」と話しかけてくる人がいました。これが2回目のしくじりです。

しくじり2:『話しかけてくる怪しい人に答えてしまった

英語だったので分からないのですが、「一緒にピラミッドを観に行こう」と言う人が現れました。でも、僕は1人で見に行きたいわけです。ラクダとかに乗りたいわけでもないです。遠くから

「あー、あれがピラミッドかぁ…へぇ~」ぐらいでいいんです。ピラミッドの中に入りたいわけでもありません。

なので彼に、

「オンリーワン。ゴー。おっけ?」と、一人で行きたいと言いました。しかし、相手は引き下がりません。

エジプト人:「なぜだ?ツアーでいくと便利だぞ。」

魔:「Mousugu、Uber. Go!PIRAMIDO. OK?」(もうすぐUberに乗ってピラミッドに移動する、わかるか?)

エジプト人「Go! Go! Go!」(行こう、行こう、行こう)

魔:「No, I, Only, PIRAMIDO, Walking, OK?」(俺はピラミッドまで一人で歩く!)

エジプト人「Go! Go! Go!」(行こう、行こう、行こう)

魔:「No, I, Go!」(いや、俺は行く)

エジプト人「Go! Go! Go!」(行こう、行こう、行こう)

魔「どんだけGoっていうねん!」

エジプト人「Go! Go! Go!」(行こう、行こう、行こう)

と言って半ば無理やり、我輩はどこかに連れられました。これを『魔族狩り』と名付けることができたら可愛いものですが、我輩は、英語を聞きとるのに疲れて頭が痛いし、ちょっと不機嫌になりつつありました。

しかし、その不機嫌な顔を察知して、我輩に紅茶を出してきたり、絶妙に逃げれない空気を作ります。このとき紅茶に睡眠薬が入ってなかったことが不幸中の幸いです

日本一周中は、襲ってきたゲイから逃げたり、タダ働きさせる変な政治家のおっさんから逃げたりしましたが、このエジプト人は『力とお金』でねじ伏せてくるという感じです。紅茶を嬉々として飲んでいる我輩は、ここで3つ目のしくじりを犯してしまいます。それが、これです。

しくじり3:『逃げれないのでとりあえずピラミッドに行った

あろうことか、我輩はそのおじさんとピラミッドまで行ってしまいました。移動手段はタクシーです。Uberではありません。ここでタクシーに乗らずに逃げてもよかったのですが、それが逃げれないんですよ紅茶がおいしくて…。

タクシーの中では、我輩に声をかけてきたエジプト人と運転手と我輩の3人でした。

そして連れてこられたのが、アメリカのドラマ『プリズンブレイク』のような世界です。地獄以上の恐怖が待っていました。「野犬がたくさんいる村」です。

村の真ん中にラクダとロバがいて、それを取り囲むように家が並んでいます。ピラミッドの観光地のはずなのに観光客はいません。それどころかエジプト人が100人くらいと、我輩という魔族が一人しかいません。

IMG_6368

逃げるルートには、野犬がいます。その先には、『戦場の跡地』のように道路がなくて、ところどころに銃を持った人が立っています。砂ぼこり、拳銃、野犬。まるで戦場カメラマンになった気分でした

そして、逃げようと思っても野犬に噛まれたら一発でアウトです。狂犬病になります。そんな場所で、我輩はいきなりラクダに乗らされました。

そして、ラクダから下りれないようにして、これから我輩をピラミッドまで案内しようとする人がこんなことを言ってきました。

3万円渡せ

日本円でそれぐらいの金額をドルで要求してきました。正直、笑えないです。普通はエジプトの通貨である「ポンド」で言うはずなのに、魔族である我輩をラクダから下りれなくしてから高額請求してくるのです。

仮にラクダから下りても野犬ばかり。後から知ったのですが、正規のピラミッドの入口に野犬はいないそうです。また、観光客もたくさんいるそうです。

我輩の連れてこられた場所は、日本でいうところの「や●ざ」とか「マフィア」の住む歌舞伎町のような場所だったようです。その村の偉い人のスマホがiPhone6でしたから、それでわかりました。エジプトはAppleショップもないしAmazonで買い物もできないので、裏社会のお金持ちなんだと思います。

そんな、いつ殺されてもおかしくない!と、だんだんわかったので、スーッと頭の中が冷めました。そして、ラクダに乗ってピラミッドに行くツアーが始まったわけです。砂漠を放浪とする中、最初に連れてこられたところが、こちら。

誰もいない砂漠地帯

IMG_6414

この誰もいない場所がスゴク切なくなります。ココから先、我輩はどんどん恐怖を知ることになります。ドンドン逃げれない場所に案内されて、お金が減っていきます。それは本当にすごい手口です。

ここから先は来週に続きます。

 

現在ぼったくられているお金:3万6千円くらい

《今週のしくじり反省ポイント》

・エジプトでは知らないエジプト人に声をかけられても無視しろ

・日本人のいる宿に泊まることをオススメする

・ヤバいとなったらお金で解決。そして、逃げる(殺されることを避けるため)

・後になればなるほど逃げられなくなる

・チップを要求されても暴言をたくさん吐けるくらいにならないと、どんどんお金をせびられる(ストレスがたまるので、暴言を日本語で吐いてストレスを発散することをオススメします)

(来週へつづく)

 

※大魔王ポルポルさんへの激励のメッセージはコチラまで!

大魔王ポルポル@ホームレス魔王(Twitter)

大魔王ポルポル(755)

 

●「魔族になれるファンクラブ」(大魔王ポルポルのファンクラブ)

●「ママチャリで日本一周する!大魔王ポルポルの365日の軌跡と征服」シリーズ5巻(第1巻は無料配信中!)

 

『大魔王ポルポルの日本征服の旅』
著者/大魔王ポルポル
日本一周の旅をしている大魔王ポルポルである。旅の裏側、隠れた小話など話したいことは盛り沢山!! だがしかし! タダで公開はできない。メールマガジンで日本のいろいろなことを掲載するのだ。メルマガに記載のアドレスに悩みや質問を送ってくれればメルマガで公開回答するぞ! ガッハッハッハ!!
≪無料サンプルはこちら≫

印刷する

人気のオススメ記事

  • 【しくじり大魔王】アフリカ到着もボッタクりに遭い早くもピンチ!
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  •  まぐまぐニュース!・編集部だより・ちょい見せまぐ!・英語のまぐ!他、公式メルマガの配信元メールアドレスを順次変更しています。メルマガが届かない場合の設定方法など、詳細はお知らせをご確認ください。

    公式メルマガ読者の皆さまへ配信元メールアドレス変更のお知らせ

  • ついでに読みたい