過去の事件で信頼失墜?「バイク王」の業績が急激に悪化した理由

tempo20180316
 

「バイク王」と聞けば、誰もが印象的なあのテレビCMを思い浮かべるのではないでしょうか。そんなメジャーな存在である同社の業績が急激に悪化しているようです。一体なぜ? 無料メルマガ『店舗経営者の繁盛店講座|小売業・飲食店・サービス業』の著者・佐藤昌司さんはその大きな理由として、過去に起こした「自作自演事件」での信頼失墜を指摘しています。

「バイク王」が2期連続で営業赤字になった理由

「バイクを売るならゴー、バイク王~♪」のテレビCMでお馴染み「バイク王」を運営する中古バイク買い取り最大手、バイク王&カンパニーの業績が急激に悪化しています。

バイク王が1月10日に発表した2017年11月期決算は、営業損益が2億6,300万円の赤字(前年同期は5億300万円の赤字)でした。2期連続での営業赤字は上場以来初となります。

売上高は前年比7.4%増の182億円、最終損益は4億100万円の黒字(前年同期は5億8,600万円の赤字)でした。

bike-king-sales

最終損益に関しては、駐車場事業の売却益約6億円が黒字化に大きく貢献しました。逆に言うと、駐車場事業の売却益がなければ最終損益が赤字になっていた可能性が非常に高かったといえます。

売上高の増加は、販売台数が前期並みだった一方で、1台あたりの売上高が大きく上回ったことが寄与しました。しかし、経費を賄えるほどの増加ではなかったため、営業赤字を解消するまでには至りませんでした。

17年11月期こそ増収となりましたが、競争の激化で近年は売上高が減少し続けています。

バイク事業において重要な役割を果たしているバイク買い取り専門店「バイク王」は09年8月には100店に達するほどでしたが、その後は伸び悩み、13年ごろからは縮小を余儀なくされています。18年2月末には57店にまで減っています。

印刷する

人気のオススメ記事

  • 過去の事件で信頼失墜?「バイク王」の業績が急激に悪化した理由
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい