ISIS戦闘員は、「覚せい剤」の禁断症状でテロを起こしている

shutterstock_340657367
 

サウジ王子が薬物密輸で逮捕された事件に続き、トルコ当局がシリア国境付近で覚せい剤1100万錠を押収したというニュースが入ってきました。日本ではISISが覚せい剤中毒者の集団であることはまったく報じられませんが、人気メルマガ『高城未来研究所「Future Report」』によると、パリ多発テロも覚せい剤の禁断症状で起こされたのではないかと伝えています。

 

破壊活動を行うと「ドラッグと金一封」が支給されるISIS

今週は、パリで起きましたISISによる連続テロにつきまして、私見たっぷりにお話ししたいと思います。

先週13日夜(日本時間14日早朝)、パリの劇場やレストランなど複数の場所を狙った無差別テロがおき、全世界を震撼させました。直後にフランスのオランド大統領はテレビ演説で「前例のないテロが起きた」と述べるとともに非常事態を宣言し、緊張は現在もまだまだ続いています。その後、ISISが犯行声明を出しました。

先週も本メールマガジンで書きましたように、現在、欧州は第2次世界大戦以降、最大のメンタルクライシスを迎えています。難民にたいして、様々なリスクをとっても人道的な対応をすべきか否かで、欧州の人々は大きく揺れているのです。

そして、今回の事件がおきました。これによって、欧州の人々のメンタルクライシスは、より深く痛手を負ったことは間違いなく、この問題はユーロ危機などの経済問題を大きく凌駕し、欧州の存在意義そのものを問うことになっています。

さて、私見たっぷりの本コーナーでは、事の発端を先月28日にレバノンのベイルートで発覚した事件に端を見ます。CNNによれば、 10月28日レバノンの首都ベイルートの空港から覚せい剤などの薬物2トンを国外に密輸しようとしたとして、サウジアラビアのアブドゥル・モーセン・ビン・ワリード・ビン・アブドゥラジズ王子を逮捕しました。王子はベイルート・ラフィク・ハリリ国際空港で、覚せい剤アンフェタミン系の錠剤2トンをプライベート機に積んでサウジに向かおうとしている直前でした。

print

 

 

  • PR 我が家のマンション、今どれくらい? 不動産のプロがオンラインで無料査定
    我が家のマンション、今どれくらい? 不動産のプロがオンラインで無料査定
    (PR:株式会社ウェイブダッシュ)

  • ISIS戦闘員は、「覚せい剤」の禁断症状でテロを起こしている
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け