【裁判傍聴】池袋危険ドラッグ暴走事故、検察官のムチャクチャな論法

shutterstock_121570756
 

2014年6月、池袋で起きた危険ドラッグ暴走事故。よだれを垂らす容疑者の映像があまりに強烈だったこの事故の裁判のレポートが、メルマガ『今井亮一の裁判傍聴バカ一代』に記されていますが…今井さん曰く、検察官の論法がムチャクチャだったのだそう。いったいどんな論告が?

池袋危険ドラッグ暴走、無罪と思える理由!

さぁさぁ、これをご報告しとかねば!

11月20日(金)13時30分~15時、東京地裁813号法廷(52席、安東章裁判長)で「危険運転致死傷」の審理。

昨年6月24日の20時頃、池袋の繁華街で、脱法ハーブを吸引した男の運転するRV車が暴走、7人を死傷させた事件だ。

男はやや異形で、直後に逮捕されるとき口から泡かよだれを…誰が撮ったんだかそのシーンの映像があったもんだから、テレビニュース、ワイドショーはもう…! あの映像がなければここまで大騒ぎにはならなかったと俺は推理する。

この事件がきっかけとなり、脱法ハーブに「危険ドラッグ」の呼称が与えられたのだ。その後、脱法ハーブの裁判で「池袋の6月の事件」としてよく言及されたもんだ。

今日はテレビカメラの撮影が入った。

※記者クラブの代表社のカメラが1台、傍聴席の後ろに据えられ、被告人抜き(ときに弁護人も抜き)の状態で、きっちり2分間撮影する。俺の禿げ頭が全国報道される。←誰も気づかないってば(笑)。

まず検察官が、押収した危険ドラッグに関することで追加立証。続いて弁護人も追加立証。「人的被害者7名」について示談が成立したんだそうだ。ほ~、それは大きいね。

13時34分、検察官が論告

この検察官は、ロン毛を後頭部でおだんごに縛り、フレームが市松模様のメガネをかけ、関西弁。ベテラン風なんだけど、ごにょごにょと声が小さくて困るんですょ。裁判員裁判の立会はできないタイプ。でもやってたりして、そのときだけは芝居がかった腹式発声で。

争点は要するに、当時は脱法ハーブと呼ばれてた、言い換えれば合法ハーブが、今回のような危険をもたらすものと、被告人認識してたかどうかだ。

被告人は、多幸感しか味わったことがなく、今回のようなことになるとは夢にも思わなかった旨を主張してる。

こんな部分があった。

検察官 「尿から(危険ドラッグの成分が)検出されるということは、相当の量を使用していなければ…。一度も(危険ドラッグによる)酩酊状態に陥ったことが絶対にないとは言えない」

俺は傍聴ノートに「しょんな根拠かよっ」と書いた。危険ドラッグが水に溶けにくく、尿から検出されたからには、意識がなくなる(実際には意識はあるが記憶がなくなる)経験をしていたはずだ、というのは、学者証人(金子教授)が何か実験に基づくわけでもなく断言していたにすぎない。

こんな言及もあった。

検察官 「(運転中に)意識を失い、大型の乗用車を制御不能にし…」

だからぁ、意識を失うんじゃなくて記憶できなくなるだけなんだと、金子教授が言ってたじゃん。

print

  • 【裁判傍聴】池袋危険ドラッグ暴走事故、検察官のムチャクチャな論法
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け